損益計算書

魔法の絨毯~ファイナンシャル・リテラシーがリスクを減らす~|投資家コースNo.13-5【金持ち父さん貧乏父さん】

投資家コース:No13-5「ファイナンシャル・リテラシーがリスクを減らす」 ~魔法の絨毯~ 金持ち父さんは、財務諸表に含まれる2つの主な表、つまり損益計算書と賃借対照表の2つを『魔法の絨毯』と呼んでいた。その理由をこのように説明してくれた。 「損益計算書と賃借対照表の2つの表が、どんなビジネスだろうが不動産だろうが、あるいは世界中どの国だろうが、その舞台裏に魔法のように連れて行ってくれる。それは、…

経済的自由への7つのステップ

経済的自由への7つのステップ 現在、4,200万人ものアメリカ人が総額約1兆3,000億ドルの学生ローンをしています。連邦政府監査院(GAO)によると、学生ローンの利子は連邦政府の最大の資産の一つです。学生ローンの利子によって教育省はアメリカ最大の銀行の一つになっています。 実際のところ、優れた教育を受ける費用は高すぎる割に費用対効果は低すぎます。今日、老若男女を問わず何百万人もの人々が借金を抱え…

持ち家が資産になる〜お金の授業No.10〜

お金の授業:No10「持ち家が資産になる」 頭金1,000万円、2,000万円のローンで3,000万円の家を買った時の、「損益計算書」と「賃借対照表」を同時に見てみれば、持ち家はあなたのポケットからお金を取っていくもの、つまり、「負債」になることは明らかだ。  一方、その家を誰かに貸出したとしたらどうだろうか?変わるのは、「損益計算書」の収入の欄に家賃収入が加わるだけだ。でも、これで「賃…

資産と負債の違いは何か?〜お金の授業No.9〜

お金の授業:No9「資産と負債の違いは何か?」 貧乏父さんは「持ち家は資産だ」とよく言っていた。金持ち父さんはこう言っていた。「君のお父さんが正しいファイナンシャル教育を身に付けていたら、自分の家が資産なんかじゃないってことがわかるはずなんだがね。マイホームは負債なのさ。」 これほど多くの人がお金のことで深刻な問題を抱えている理由の1つは、彼らが負債を資産と呼んでいることにある。 金持ち父さんの資…

財務諸表を理解する〜お金の授業No.8〜

お金の授業:No8「財務諸表を理解しよう」  金持ち父さんはよくこう言っていた。 「銀行は学校の成績表を見せろとは決して言わない。君が学校でどんな成績をとったかなんてことには何の興味もない。銀行が知りたいのは、君の財務諸表なんだ。一度学校を出たら、君の財務諸表が君の成績表になるんだ。」 「ファイナンシャル教育」は、財務諸表を形作っている3つの部分を理解することから始まる。 書籍『金持ち父さんの大金…

投資の4大ルール

投資の4大ルール 投資で成功するための基本… 起業家目線で見る方法… 投資をビジネスとして見るべき理由… 妻のキムと私は、自分たちがやる全てのことについて、起業家の視点で見ています。 それはどういう意味でしょうか? 投資の世界では、すべての投資がビジネスだということです。 ビジネスには損益計算書と貸借対照表があり、セールスとマーケティングが必要であり、生き残るために収益性がなければならないし、その…