自分の事業

謎の男。神田健

謎の男。神田健 From:寺本隆裕 東京でIT企業に勤めていたぼくは、焦っていました。 このままだとダメだ。なんとか自分の事業をスタートしないといけない。と、漠然とした不安に駆られていました。 エンジニアでしたから、何かモノを売るなんてことはしたことがありません。自分の会社以外で金を稼ぐ方法を知らなかったんです。 自分が何ができるかも知らなければ、自分が社会的にどのくらいの位置にいるのかもわからな…