本物の銀貨

危機に強い投資先はこの2つ

危機に強い投資先はこの2つ ずいぶん昔の話になりますが、 1965年に、私は10セント、25セント、50セントなどの銀貨を入手するようになりました。 なぜ1965年なのでしょうか? 1965年、アメリカ造幣局は銀貨の品質を落とし始めたからです。 「銀貨の品質を落とす」とは、 造幣局が銀貨の銀の含有量を低くし、 銅やスズなどの卑金属と混ぜることを意味します。 アメリカの硬貨が銅色に近づき始めたと気づ…