あなたは定年後について考えていますか?

あなたは定年後について考えていますか?

新型コロナウィルスの影響で、
現在、多くの人が苦境に立たされています。

あなたの周りでも、
・会社が倒産して、失業をした…
・あてにしていたボーナスがカットされた…
・残業が無くなり、収入が減った…

そんな人の話を聞いたことが
あるかもしれません。

現在、ワクチン摂取が65歳以上の高齢者を
優先に急ピッチで進められていますが、

高齢者が打ち終わるのは、
今年の7月末だと予測されています。

高齢者以外の人達全員が
ワクチンを打ち終わるのは、
数ヶ月も先となり、

まだまだ、この状況が続きそうです。

この間、どれだけ経済に影響があるのか、
不安なところですね…

現在直面している問題だけでも
大変な時期ではありますが、

私は未来のことにも、
目を向ける必要があると言えます。

実は、私は1985年…
職を失い、ホームレスになった経験があります。

当時、貯金が底をつき
クレジットカードの期限も切れ、
住む場所も失いました…

そして、古びた車を家にし、
生活をしていました。

最初の1週間を過ぎると、
自分たちは何者で、
何をしていて、どこに向かっているのか?

それが、分からなくなるほど、
厳しい現実を痛感していました。

ホームレス生活は2週間続きました…

しかし、私たちの状況を知った友人が
自宅の地下室を貸してくれて、
そこで9ヶ月間暮らすことができました。

そこで、自分たちの状況を隠していたんです。

二人とも外見上は
ごく普通に見えていたと思います。

最終的に、その生活も限界に達します。

このままでは、自分たちの人生を
良くすることができないと感じ、

現状を変えることを決意します。

自分たちの状況を憐れみ、
他人のせいにすることをやめました。

そして、
「自分の未来をコントロール
できるようになろう!」

と決意し、這い上がり、
ここまで来ることができたのです。

なので、あなたも
もし困難な状況に
直面しているのであれば、

未来を見据えて行動することを
考えてみてください。

そして、未来のことを考える上で、
外すことができない問題があります。

それは、定年後の生活についてです。

あなたは定年後の生活について、
しっかり考えられているでしょうか?

定年後に備え、考えておくべき3点

①老後2,000万円問題

あなたも、
既に知っていることでしょう。

65歳で定年を迎え、
仮に90歳まで生きたとしたら、
2,000万円が足りなくなる…

とういうのが、この問題です。

これは、1ヶ月で約5.5万円の
足りない計算になります。

分かっていながら、
目をそむけていませんか?

毎月、5.5万円以上の貯蓄が
できているでしょうか?

生活費、家賃代、子供の養育費…
などを考えると、
なかなか、できていない
かもしれません。

②年金をもらう額が減っている

厚生年金は以前、60歳から支給
されていましたが、

2013年に制度の改正で
65歳からの支給に変更されました。

これは、実質、支給額が
減ってしまうようなもの…

この原因は少子高齢化です。

年金は現役で働いている人達が
納めた税金でまかなわれます。

そのため、少子化で働き手が減れば、
支給額も減らさざるを得ない…

と、いうことにもなるでしょう。

2060年には、1.4人の現役世代で
1人の高齢者を支えないと
いけなくなると言われています。

考えたくはありませんが、

現役世代1人で1人の高齢者を…
0.5人で1人を…

なんてことになる可能性も
考えられるわけです。

③今から準備する

老後2,000万円足りない、
とはいえ、貯金する余裕もない…

かつ、年金支払額も下がっている…

となれば、

毎月の収入を増やして、
準備することを考えて
みてはどうでしょうか?

そう…

投資をして
お金を生み出す
資産を手に入れるのです。

毎月、5万でも10万でも余分に
入ってくる資産があればどうですか?

定年後に、将来の不安が少しでも
無くなるとは思いませんか?

それだけでなく、収入が増えれば
貯金をするために、今我慢することなく

自分が好きなものを買えたり、
好きなことをしたり、
美味しいものを食べたり、

と、今を楽しみながら、
将来の不安に備えることが
できます。

このように、定年後のために
今、考えておくべきことを
お伝えしてきました。

もし、あなたが、

定年後の生活が不安だ…

ただ、何も準備ができていない…

というのであれば、
今から投資をすることを
考えてみてください。

そして、今を楽しみながら、
将来に備えましょう!

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

P.S

定年後に備え、投資をしてみたい…
ただ、何から初めていいか分からない…

そんなあなたへ…
ヒントはこちらにあります。

いい借金をしてお金を増やす方法とは?

メールマガジンカテゴリの最新記事