これ、持ってますか?

これ、持ってますか?

From:寺本隆裕

先日、もう10年くらい付き合いのある起業家と話していました。

彼は正社員を雇っていないのですが、高い技術を持っているので色んな企業から常に引き合いがあり、成功しています。貯金も収入もかなりあるでしょう…笑

そんな彼も昔から不動産投資に興味を持っているようで。

今回の菅野さんの話をしたところ、やってみたい、とのこと。でも「本当にできますかね・・・」と心配を口にしています。

寺本「なんでなん?やったらいいやん?」

彼「いやー、でもほら、いろいろ大変そうじゃないですか…」

寺本「まあほなやめといたら?十分金持ってるやろし笑」

彼「でも、やっぱり老後を考えると心配じゃないですか。僕の仕事って自分が働いて稼ぐ系なので、不労所得はほしいですよね」

寺本「だったら、やったらいいやん?」

彼「うーん、ちゃんと勉強できるかなぁ・・・」

<以下繰り返し・・・笑>

念のため繰り返しますが、彼はめちゃくちゃ高い技術力を持っています。僕も、彼の同業の人と何度も仕事をしたことがありますが、彼の技術は圧倒的に高いんです。

それはもちろん、彼が今までその専門技術について一所懸命に勉強し、積み上げてきた結果です。彼が優秀な人物であることには違いありません。なので、おそらく不動産投資だって本気でやればすぐに理解し、結果も出せるんだろうと思っています。

そうです。

「本気でやりさえすれば・・・」

彼は今の技術を習得するために、本気で取り組んでいた。そのおかげで今があるわけです。人よりも何倍も努力して、情熱的に取り組んだ・・・・

おそらく彼が心配していることは、不動産投資について、彼が昔、その技術について一所懸命取り組んだのと同じくらい、本気で取り組める気がしない。ということなんだろうと思います。

ではどうすれば本気になれるのか?

それは一言で言うと、本気になるための「理由」があるかどうかで決まります。Rich Dad Letterの3月号、8ページにその内容が書いてあるので引用しますね。

心の奥底にある「理由」

金持ち父さんは、人を成功させるのは、お金ではなく、カリスマ性や才能でもないということを教えてくれた。

成功の鍵となるのは、心の奥底にある「理由」なのだ。人が習慣を変え、目標を達成するためには、まずその「理由」を変えなければならない。核となる信念や価値観、好き嫌いと個人の理由は繋がっているので、「理由」を変えることは難しいかもしれない。

「理由」の考え方に自分で制限を設けてしまっていることも多い。「絶対に金持ちにはなれない」「お金になんて興味がない」「金持ちは悪だ」「投資はリスクだ」といった態度や意見に影響されることもある。こういった考え方を変えない限り、大きく変化することはできない。

「私は絶対に金持ちになれない」と信じていると、金持ちになれる可能性が低くなり、あなたのその「理由」が行動すら妨げてしまうだろう。

「理由」は精神状態のことだ。
金持ち父さんはこう言った、「環境を変えれば、人生が変わる」

「理由」を変化させたり、広げたりすることで、人生が好転することがある。どれだけ勉強して学ぼうとも、弱気で、「できない」という気持ちがあると、目標達成は不可能になってしまう。

彼の場合、お金を持ってることが逆に、不動産投資をやる理由を弱くしてしまっています。ある程度、お金を持っているなら、「お金が儲かる!」は大きな行動のモチベーションにはなりにくいですからね・・・

その場合はまた別の「理由」が必要です。それが何なのかは、あなたがどんな理由ならテンションが上がるか?それにもよります。(自分の”動機”の源泉を知ることは力になりますね)

彼の知り合いに不動産投資で成功している人がいるそうですが、その人は、サラリーマンが嫌で、ぜーーーーったい辞めてやる!って思っていたから成功したそうです。本人曰く、「命がけで」不動産投資をやったんだとか笑

人間には「現状維持メカニズム」があります。本能的に変化を嫌うのです。だから、現状を変えて何かで成功するというのは「不自然」なことなのです。

ただ一方で、「理由」があれば変化を起こすことができます。例えばぐうたらソファーに寝そべっていて、もう動きたくない、と思っていたとしても、目の前に野生のライオンが現れたら飛び起きるでしょう。「理由」は「行動」につながるんです。

さて、あなたの「理由」は何でしょうか?

成功しなければいけないのは、なぜ?

寺本隆裕

PS
ぜひ、Rich Dad Letterの3月号を復習してみてください。

Rich Dad Letter3月号はこちら
PS本気で不動産投資で成功したいなら、こちら。

不動産投資で成功したい
PPS
この友人は、結局、不動産やるんでしょうかね?笑

メールマガジンカテゴリの最新記事