99%の人がやらないことをやろう

99%の人がやらないことをやろう

多くの人は仕事を辞めて、自分のビジネスを始めることを夢見ますが、実行に移す人はわずかです。なぜなら、従業員から起業家に変わることは、転職以上のものだからです。

「経済的変態」はリッチダッド・カンパニーの新たな造語です。私達は、教育や金融教育についてはよくお伝えしています。しかし、コロナウイルスによって来たる経済崩壊の大きさによって、この危機を乗り越えて繁栄するためには教育だけでは不十分だと確信させられました。

さて、私が話しているのは教育以上のことです。変態の話をしているのです。

変態の定義は、未熟な形態から大人の成熟した形態への変容です。今日、あなたは経済的変態を必要としています。お金の考え方について成熟した人になるには、あなたは未熟な人から脱する必要があります。お金に関する古いアドバイスを聞くのをやめなければなりません。

仕事を学ぶために勉強するのと同じように、自分を多様化させられるようになり、1つ以上のクワドラントで活動できるように勉強することをお勧めします。

平均的な金持ちは、キャッシュフロー・クワドラントの右側のクワドラントから70%、左側のクワドラントから30%未満を稼いでいます。私は、どんなに稼いでいても、1つ以上のクワドラントで活動する方がより安心感を得られることを発見しました。

誰の内面にも貧しい人はいる

貧しい考え方を持つ人は、欠乏感を信じ込んでいます。彼らは収入以下の生活をしており、恐怖で行動することも多くあります。彼らは勤勉な労働者であり、多くの場合、生計を立てるために2つの仕事を掛け持ちしています。

しかし、彼らは何とか首をつなぐために足踏み状態でいるので、出世には苦労しています。また、もっと多くのお金があれば全ての問題は解決されると考えています。しかし、お金が問題を解決することは滅多になく、むしろ消費の習慣を強めてしまうのです。

中流階級の考え方を持つ人もまた、異なる理由で、異なる手段を介して給料ぎりぎりの暮らしをしています。彼らは高給の仕事をしているので、大きな家や車など贅沢なガラクタを何でも手に入れることができます。現金では買えないものは、喜んでクレジットカードで支払います。これは、金持ち父さんが「労働者階級の夢」と呼んでいたものです。経年的に中流階級は、高給取りの仕事に就くか、より多くの余裕を得るために長時間労働をするかのどちらかで維持されるライフスタイルを構築します。

一方、金持ちの考え方を持つ人は、創造的で、リスクを回避します。彼らは、貧しい考え方を持つ人のように安心感に頼ることはありません。そして、彼らは給料のために働きません。他の2つのマインドセットを持つ人のように、お金を失うことを恐れません。金持ち父さんは、私を無償で働かせました。彼は、私に貧しい考え方をして欲しくなかったのです。つまり給料のために自分の時間を交換するような人になって欲しくなかったのです。

金持ち父さんがクワドラントの説明をしてくれたので、人が働く時間を何年もかけて測ってみると、小さな違いが大きな違いに発展することがよく分かりました。キャッシュフロー・クワドラントのおかげで、自分が何をしたいのかではなく、現役時代に何者になりたいのかを決めた方がいいと分かりました。暗闇の中で私を前進させてくれたのは、この深い知識と、2人のパワフルな父親からの教訓でした。

ある考え方を持ったグループが一方の側にいて、別の考え方を持ったグループがもう一方の側にいます。彼らは皆、一つのお金のゲームで遊んでいますが、クワドラントによって異なる視点と異なるルールを持って遊んでいます。

ここでの大きな問題は、クワドラントの左側の人々は、右側の人々が何をしているのかを見ることができないことです。しかし、右側の人々は左側の人々が何をしているかを正確に知っています。

あるクワドラントから次のクワドラントへの道は、内面的な旅です。それは、一つの核となる信念と技術的スキルから、別の新たな信念とスキルへの旅なのです。

このプロセスは、自転車の乗り方を学ぶのによく似ています。最初はよく転びます。特に友達に見られていると、イライラしたり、恥ずかしくなったりすることも多くあります。

しかし、しばらくすると転ぶことがなくなり、自動的に乗れるようになります。もしまた転んでしまっても、立ち上がってまた乗れると分かっているので、大した問題ではありません。

安定した仕事という感情的なマインドセットから、経済的自由というマインドセットに移行するときのプロセスは同じです。

私の最後の給料

私がゼロックスに入社したのは、給料のためではなく、「もっとお金を稼ぐ」ということを達成するためでした。私は、パイロットや船乗員ではなく、起業家としてお金を稼ぐのが一番だと思っていました。そして、起業家になるためには、営業力が必要でした。

私は1974年から1978年までの4年間、ゼロックスで勤務し非常に多忙でした。最初の2年間は、営業が上手くいかず、何度もクビになりそうになりました。何も売れず、失業の危機にあっただけではなく、お金も全く稼ぐことができませんでした。しかし、私にはホノルルで1番のセールスマンになるという夢があり、決意を持ってこの挑戦に挑みました。

2年を過ぎると、セールス研修と外回り営業が結果を出し始めました。そして、私はついにホノルル支社で1番のセールスマンになったのです。

私はゼロックスでの経験からかけがえのない教訓を学びました。

その教訓とは、問題を解決することは、富への道だということです。

目標を達成し、セールスで一番になると、私は次なる挑戦のために退職しました。その目標とは、自分のビジネスを始めることでした。

起業家になる

私の人生で最も恐ろしかった日の一つは、退職して起業家になった日でした。その日、安定した給料や健康保険、退職金制度とはお別れだと自覚しました。病気休暇や有給もありません。

その日、私の収入はゼロになりました。安定した給料がなくなった恐怖は、私が経験した中でも最も恐ろしい経験でした。一番困ったのは、次の安定した給料を貰えるまでにどのくらいかかるのかも見当がつかなかったことです。もしかすると数年かかるかもしれません。退職した時に、なぜ多くの従業員が起業家になろうとしないのか分かりました。それは、無一文になり、保証された収入がなく、安定した給料がないことへの恐怖によるものです。

お金がないまま長期間やっていける人などほとんどいません。起業家は違います。違いの一つは、お金がなくても分別を持って、知的にやっていく能力があることです。

私を個人的に突き動かし続けてくれる2つの言葉があります。その一つは、私が辞めるか戻るかの瀬戸際にいた時に金持ち父さんから言われた「辞めることはいつでもできる。それならなぜ今辞めるのか?」という言葉です。

この言葉は、私を奮い立たせ、感情を穏やかにしてくれました。私はまだ道の途中にいるのに、なぜ引き返すのか?と思わせてくれます。引き返す距離と、先を行く距離は同じなのです。

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

メールマガジンカテゴリの最新記事