努力したら報われる投資

努力したら報われる投資

金持ち父さん菅野ゆずるです。

健康診断で「要再検査」になってから、以前よりもずっと、健康のことを気にするようになりました。最近も検査で胃カメラを飲みました。あれって結構ツライですよね。

そういえば、海外では一般的な無痛分娩も、日本では全体の1割も利用する人がいないそうです。お金が余計にかかるせいもあるでしょうが、「我慢」が当たり前になっている国民性も大きいように感じます。

無痛分娩をした人の中には、
「お腹を痛めずに出産するなんて母親失格」
なんて、周りから言われる人も珍しくないのだとか…。

どんだけ「苦しみに耐える」ことを称賛する文化なんでしょうか。

もう、そういう古い価値観は捨てて、しなくていい苦労は避けていい、できるだけ快適な方がいい、という価値観が主流になればいいのに、と強く思います。

サラリーマンの仕事だって同じですよ。
やたらと「がんばっていること」を求められる会社、未だに多いですよね?

こういう会社にいると、生産性を上げて早く帰る人よりも、残業して飲み会への参加率も高い昭和タイプの社員が出世したりします。きっと、そんな古臭い価値観の中で生きるのがつらくなっている人も、多いですよね。

そんな人にこそ、不動産投資がおすすめです。

不動産投資の世界に、上司はいません。結果は、数字がすべてです。別にがんばらなくたって、仕組みを利用して効率よく運営していけば、いいんです。いい意味で、本当の実力主義なんですね。

努力しただけ数字に表れますし、ボーナスの査定を上げるために、上司の機嫌をうかがう必要もないワケです。

私が胃カメラが苦手という話から、大きくテーマが外れましたが、私の言いたいこと、伝わりましたでしょうか(笑)

菅野 譲(かんの ゆずる)

PS
私があなたに伝えたいことは、
不動産投資は素晴らしいってことです!(笑)
なんでみんなやらないのか不思議なくらいです。
↓↓↓
不動産投資について知りたい

メールマガジンカテゴリの最新記事