優秀でも年収300万未満

優秀でも年収300万未満

優秀でも年収300万未満

金持ち父さん 菅野ゆずるです。

景気が悪くなると、
大企業が採用を控えます。
そのため、中小企業にとっては
優秀な若者をスカウトできる
チャンスになるんですね。

私の知り合いの社長も最近
採用面接をWEBで行っているそうなんですが、
話を聞いて驚いたことがあります。

今の20代の社会人で、
年収300万円に届いている人は
本当に少ないということ。

いわゆるいい大学を出ていて、
英語も話せて、
コミュニケーションもきちんととれる
優秀な学生たち。

そういう、一昔前なら
人生安泰コースに乗ることができた
若者たちが、今ではカツカツみたいです…

家賃も物価も高い都市圏に住んでいて
この年収だと
生活は相当厳しいですよね。
地方でも余裕ある生活はできません。

物の値段って、
コンビニのジュースひとつとったって、
けっこう上がっているじゃないですか?

他にも買い物をしていて、
「あれ?これってこんなに高かったっけ?」
と思うものが、ジワジワと増えています。

そこで感じるのは、
日本はすでに、
「スタグフレーション」
に入りつつあるということです。

スタグフレーションとは、
経済活動が停滞しているのに、
インフレーション(価格上昇)
が進む現象を指します。

スタグフレーションが
やっかいなのは、一度陥ると
克服するのは容易ではないことです。

通常、景気が悪化した場合には
金融緩和が実施されるんですが、
スタグフレーション状態だと
それ以上の物価上昇につながるため、
思い切った緩和をしにくくなるんですね。

反対に物価抑制を優先させようと
金融引き締めを行うと、
今度は景気がさらに悪化することに…。

そのため、
一度スタグフレーションになると、
ぐずぐずと長引くことが多いんです。

お金がないのに物価が高いって、
生活していく上で、
非常に困りますよね。

でも、個人がどうにかできること
ではありませんから、
それを嘆くのではなく、
できる対策を講じるしかありません。

その一つが転職であり、
副業を始めることであり、
不動産投資のような投資
であったりするわけです。

世の中は急速に変化しています。
コロナ騒動が終わってもきっと、
元のようには戻らないでしょう。

古い価値観を捨てて、
どんな時代にも生き残れる
覚悟とスキルを身につけたいですね。

菅野 ゆずる

PS
あなたはどんな対策をしますか?
スタグフレーションにも強い投資で対策するなら、
これで準備しませんか?

おすすめの対策はこちら

メールマガジンカテゴリの最新記事