お金の目標を達成する5つのコツ

お金の目標を達成する5つのコツ

お金の目標を達成する5つのコツ

今、たくさんの人が仕事を辞めて、起業家になることを夢見ています。

自分のビジネスを所有して、金持ちになりたいと思っています。

これは立派な夢ですが、問題はほとんどの人にとって夢でしかなく、現実ではないということです。

ここで問うべきなのは:「なぜ、多くの人が起業家になる夢を実現できないのか?」ということです。

私の友人がこの問いに最適な答えをくれました。彼は言います。「起業家には二つの特徴がある。無知と勇気だ。」私の友人の答えは単純ですが、深いものです。彼は「無知」が起業の鍵だと言いますが、「バカ」であれと言ってるわけではありません。彼が言いたいのは、知識のせいで二の足を踏むなということです。 

例えば、子供は宇宙飛行士とか、プロの野球選手とか、大統領になりたいと言います。彼らにはその夢を叶えるのがどんなに大変かという知識がないので、制限がありません。子供は最高の可能性の中で無知なのです。彼らはそれでもこの夢を叶えられると夢見て、信じています。

最高の起業家は、自由気ままで無知です。夢があると、情熱を持って追い求めます。他人がそれは無理だと言っても、無視して突き進みます。自分の心が止めるように言っても、否定的な考えを無視して、押し進めます。

なぜ、頭がいい人が失敗するのか?

実際、多くの起業家がとても賢く、知識も豊富です。しかし、その知識に臆することはありません。知識がもたらす恐怖に打ち勝つ勇気を兼ね備えているのです。

良い例として今から一つのお話をします。
私には、素晴らしい美容師の友達がいます。女性を美しく見せることに関して、彼は魔法使いのようです。何年もの間、自分のサロンを持つことについて語っていました。それは大きな夢ですが、悲しいことに彼はそれについて行動を起こしませんでした。代わりに彼はいまだに大きなサロンで一つの椅子しか持っていません。彼はオーナー、つまり彼の上司さえ嫌いなのです。

友人はサロンビジネスを知っていて、成功するのがどれだけ厳しいのかも知っています。その知識がサロン開業という夢を叶えることを踏みとどまらせています。彼には起業家になる勇気が欠けているのです。

実際、95%のビジネスが最初の5年で失敗します。しかし、起業家はそういった統計に注意を払いません。

しかし、この話のポイントは、無知と勇気が人生に与える影響についてなのです。ある美容師には知識があっても勇気がなく、別の美容師には経験はないが勇気があったのです。

実際の世界では、勇気は知識よりもっと重要です。否定的な考えを無視することが勇気を持つ鍵になります。常に心に留めておいてください、あなたの考え方は無限で、疑いの気持ちがあなたを制限するのです。

失敗する勇気を持とう

結局のところ、起業家のもっとも勇気ある行動は、失敗を歓迎するということです。失敗を通して、起業家はビジネスと人生において最も価値ある教訓を学びます。失敗なくして成功できないという事実を理解して歓迎します。

起業家になりたければ、失敗する勇気が必要です。

全ては知らないないと認める勇気を持ち、無視すべきものは無視し、あらゆる障害を乗り越えて突き進む粘り強さを持つのです。

失敗したら、学びましょう。失敗をお金の教育と知性を増やす機会と捉えましょう。成功したら、それを味わいましょう。苦い経験の後に、初めて勝利の甘い味を知ることができるのです。

お金の目標を達成する5つのコツ

  1. 余裕あるプランを立てる

    こんな古いジョークがあります。「どうやって象を食べるの?一口ずつさ。」これは私にはしっくりきます。

    そういうわけで、私はあなたに大きな夢を小さなステップに分けていくことをお勧めします。こうすることで、「やることリスト」から一つ一つのステップを叶えていく満足感を得ることができますし、継続して何かを成し遂げたという達成感を味わうことにもなります。

    この手法は夢を叶える作業のモチベーションを上げ、行程を管理しやすくします。何をしないといけないのかはっきりしているなら、ゴールに近づくために必要なアウトラインや青写真を作りましょう。

    はっきりしてなければ(全く問題ありません)最初の一歩だけを書き出しましょう。それができたら、次の一歩を考えて、書き出しましょう。そしてそれを続けるのです。

    どちらにせよ、最初の小さな一歩から始まるのです。そしてまた一歩と続きます。それが少しだとしてもできることから始めましょう、そして、前に進み続けて、勢いをつけていくのです。

  2. 完璧主義を捨てる

    何かを始める前に全ての正しい条件が出揃うまで待ちたくなるのは人間の性です。しかし、信じた道への一歩を踏み出す完璧なタイミングを待つことの問題は、永遠に待ち続けることになるかもしれないということです。

    待つのではなく、できる限りの準備をしたということを信じて、信念を持って前進するのです。だからと言って、不安になったり、障害に当たったりしないということではありません。しかし、いつ始めても不安はつきものですし、障害も必ずその先の道にやってきます。

    完全な準備が整う日は来ません。できる限りの準備をして今日から行動を始めるのです。

  3. あなたのネットワークに働きかける

    あなたの仲間に、あなたが新しくベンチャーを始めたとか、足がかりを探していると伝えましょう。あなたが始めようとしているのと同じ旅をしたことがある人を探してアドバイスをもらいましょう。

    あなたの人間関係の中で、いろんな登場人物が必要です。チアリーダーや、残酷なほど正直なフィードバックをくれる人(しかし、ダメダメばかり言うタイプの人や、自分の殻に閉じこもった人は気をつけましょう)などです。これまでの何十年もの人生で培った関係をさらに良くしましょう。そうすれば、思いもしなかったサポートがやってくるものです。

  4. いつ進む道を調整すべきなのか知る

    あなたの人生の旅路の中で、時には間違った方向に進むこともあるでしょう。心配することはありません。もし、大きな夢に向かっての道に自分が立っていないと気づいたなら、夢を諦めてはいけません。一歩下がって、経路をもう一度正してみましょう。
    実際のところ、GPSシステムから学ぶところは多いのです。もし、間違った角を曲がってしまったら、「残念。電源落とします」なんてことはしません。ただ、「再計測します。」と言って別の道へと導いてくれます。元の道ではないかもしれませんし、一番の近道ではないかもしれませんが、目的地は同じで、最終的にそこにたどり着けるのです。

  5. 他人と比べない

    人はまるで雪の結晶のようにそれぞれ違うもので、それゆえにあなたが進む道もまた人とは違ったものなのです。最もしてはいけないことは、他人を見て、彼らの成功と自分を比べて秤にかけていく事です。

    成功はまっすぐな道ではありません。あなたが尊敬する人も歩んだ道のりの試行錯誤を全てさらけ出しているわけではないかもしれません。あなたが進む道のりで、曲がり角や、うねった道が出てきても大丈夫です。最終的にはあなたのペースと方法で目的地へ辿り着けるのです。

  6. Robert Kiyosaki

    ロバート・キヨサキ

メールマガジンカテゴリの最新記事