はじめの一歩を踏み出す2つのヒント

はじめの一歩を踏み出す2つのヒント

はじめの一歩を踏み出す2つのヒント

こんにちは、金持ち父さん菅野ゆずるです。
 
コロナも収束モードになったと思いきや、第二波、第三波が来るとか色々言われてますね。
 
ただ、世の中が停滞気味なのは相変わらずです。「いつになったらコロナを乗り越えられるのだろうか?」と思われる人も多いと思います。
 
先日、とある方から、こんな話を聞きました。
 
「不動産屋が対面では会ってくれず、電話対応だけしかしてくれません。」
 
こんな状況だと、「不動産投資をやろう!」と踏ん切りがつかなかったり、初めの一歩を踏み出せない人もいると思います。
 
不動産投資を始めるということは、大きな金額が動くことになりますので、どうしても「勇気」がいりますよね。ただ、頭でごちゃごちゃ考えても、なかなか前には進まないことが多いです。
 
むしろ、踏ん切りがつかなかったり、初めの一歩が踏み出せないのは、頭の中でいろいろ考えてしまうからなんですね。
 
じゃあどうすればいいのか?というと、、、
 
 
私がオススメするのは、「他力を借りる」ということです。
 
ロバート・キヨサキも金持ち父さんの基本であるOPM(他人のお金)が大事だと言っています。 彼は、OPM(Other people’s money: 他人のお金)とは、高いファイナンシャル・インテリジェンスの証だと言っています。
 
そのように他人のお金を使って投資するのもひとつですが、自分の頭で考えすぎてしまったり、自分の力だけでなんとかしようとしても、なかなか進まないんですね。
 
逆に、他力を借りれば、いきなり結果が出たりします。
 
他力とは、わかりやすい例だと、誰かに協力してもらうのもそうですし、周りに宣言をして、期限を決めるのも、他力を借りることになります。
 
「来月までに5キロ痩せます!」と周りに宣言したのに、みんなが見ている前で、ラーメンとか炭水化物ばっかり食べるのはちょっと気が引けますよね。「周りの目」や「期限」という他力を借りているわけです。
 
 
他にも「お金の力を借りる」という方法もオススメです。
 
これはどういうことかというと、最初にある程度の金額を投資するということです。
 
友人が脱毛サロンを始めようと思い、色々と取り組んできたのですが、やり方も全然わからず苦戦していたんです。「もう誰かに教えてもらった方が早いな!」と思い、結果を出してる人に月々5万円払って、コンサルティングしてもらってました。かれこれ2年くらいはコンサルしてもらっていましたね。なので、合計120万円くらいは、投資していたことになります。
 
また、この友人は、、、

  • 最初にお金を払ってセミナーに参加してノウハウを聞く
  • まだ経験が無いけど、機材を買って最初に始めてしまう

というようなことを意識的にやっています。
もう、そこまでくると、「これだけお金使ったんだから、絶対結果出したいな!」という意識が働くようになるんです。
 
たとえば、遠方に自分のお金で行くのと、会社の出張で行くとしたら、絶対に自分のお金の方が、その分楽しんでモトを取りたくなりますよね?
 
お金をかけただけ、その分回収したくなるんです。
 
それと一緒で、自分でお金をかけた分だけ、意識がどんどん強くなるんです。
 
で、先ほどの友人の結果はどうだったかというと、最初の投資金額は回収して、プラスの金額を出しています。
 
しかも、身についたスキルやマインドは一生使えるものですし、アップデートもしていけます。それだけ最初にお金を投資してきたことで、結果を出せるようになっていました。
 
なので、他力やお金の力を借りることで、より早く結果が出たり、人生が変わる展開も早くなったりします。もちろん、友人みたいに、いきなり数百万円も使う必要はないです(笑)
 
ですが、ある程度、時間やお金を先行投資する意識は持っておいた方が、結果が出るスピードが早くなるんです。
 
 
そういうわけで、
他人の力を借りること、あるいは自分のお金を先に使ってお金の力を借りること。
 
この2つの方法で、はじめの一歩を踏み出す力を手に入れてみてはいかがでしょう?
 
 
菅野譲
 

PS
なぜ、不動産投資の知識やノウハウは簡単に手に入るのに、不動産投資で成功する人は増えないんでしょうか?
(少なくとも私は、増えているようには感じません)
 
無料でみられる成功ノウハウが増えたなら、成功する人も増えていいと思いますよね。
 
ですが、実際はそうでもない。
 
なぜかというと、多くの人が、「不動産投資は○○と思っている」からなんですが・・・
 
気になる方は、ニュースレターで…
↓↓↓
ニュースレターの案内はこちら

メールマガジンカテゴリの最新記事