女性に学ぶビジネスと投資の5つの教訓

女性に学ぶビジネスと投資の5つの教訓

女性に学ぶビジネスと投資の5つの教訓

「成功した男性の後ろには必ず、偉大な女性がいる」と言われています。

この言葉は私に完全に当てはまっています。

もし、私の妻がキムでなければ、私は成功していなかったでしょう。時々、「彼女がいなければ、自分はどうなっていたのだろう」と考えることがあります。

確かに、初めて彼女に会ったとき、彼女の外見の美しさに惹かれました。しかし、最初のデートで、彼女の美しさはそれだけではないことに気付いたのです。彼女は思考力があり、とても賢い女性だと。

お互いのことをもっとよく知るにつれ、彼女は外面よりも内面がさらに美しいということが分かりました。

それが、私が恋に落ちた瞬間でした。

付き合い始めた頃、お互いの相性の良さを明らかにするために、楽しくて有意義な遊びをしました。ある夜、私たちはお互いが一人の人間として重きを置いている価値観を上位から10個書き出しました。そして、お互いのリストを見比べました。

すると、その中には共通点と異なる点がありました。しかしお互いにとって重要だったのは、共通点が大きなものだっだことです。それは、お金・ビジネス・投資でした。

最終的に、人生において最も重要なこの3つの価値観が一致したことで、私たちは惹かれ合っていきました。

ところで、お金はそのうちの1つだったのですが、当時の私たちは二人ともお金をほとんど持っていませんでした!

しかし、お金に対して、同じ価値観、情熱、考え方を持っていました。

私たちは、お金の教育に専念することが、将来のお金につながることを理解していました。そして、2人とも、人生とビジネスの両方で優れたパートナーと一緒になりたいと思っていたのです。

彼女には、私が直面した数々の最も困難な時期を乗り越えられる内面の強さがあり、それは彼女なしでは乗り越えられなかっただろうと思います。お金がなく、家もなく、交通手段が徒歩だけだった時、これまでに何度も、私を小さな男の子のように抱きしめて、ただただ泣かせてくれました。

彼女は勇敢な人間であり、私の支えでもありました。当時の私は自信をなくしていましたが、彼女は決して私たちの使命や、私に対する信頼を失うことはありませんでした。

さて、正直に認めなければならないことがあります。

投資に関して言うと、私たちはそれぞれ異なるアプローチ、異なる考え方をしていました。どちらが良い悪いではなく、ただ異なっていたのです。

以下は、キムと私が経験した男性と女性の5つの主な違いです。

  1. 女性は「分からない」と言うことを恐れない
    投資に関して、多くの女性が優位な点の1つは、「分からない」と言うのを恐れないことです。何か理解できていないことがあると、素直にそのことを認め、すすんで質問をします。

    一方、男性は…特に若かった頃の私もそうですが、自分のエゴが邪魔をして、知ったかぶりをすることがよくあります。

    古いことわざに「傲慢は知恵を曇らせる」という言葉がありますが、金持ち父さんは、傲慢さはその人の富まで減らしてしまうと確信していました。

    彼はこのことをお金に当てはめて、こう言いました。
    「私が理解しているものはお金を生み、私が理解していないものはお金を奪っていく。」
  2. 女性は助けを求めることをためらわない
    1.に便乗して、多くの女性が優位な点の2つめは、男性よりもあっさり誰かに助けを求めることができることです。

    金持ち父さんは言いました。「人生において最も成功している人は、質問をする人たちだ。彼らは常に学び、成長し、活気で満ち溢れている。」

    「人生の敗者は、すべての答えを知っていると思い込んでいる。彼らは自分が知っていることを人にひけらかすことばかりで、学ぶことができない。そして、他人の成長に口出しばかりしているから自分が成長できない。そして、自分はすでに目標に到達したと思っているがために、それ以上前進することができないのだ。」

    長年にわたり、私は金持ち父さんの教訓を肝に銘じて、学び、成長し、さらなる成功を目指して、常に疑問を持ちながら質問をするよう最善を尽くしてきました。

    私は、今ここで生きていることを当然だとは思っていませんし、自分がすべての答えを知っているとも思っていません。
  3. 女性は宿題をきちんとやる
    一般的に、女性はやるべき宿題をきちんとやり、「うまい儲け話」に踊らされて買いに走ることはありません。

    女性と退職について調査している研究機関によると、女性は男性よりも投資を選ぶ際の調査に、より多くの時間を費やすようです。これによって、彼女たちは気まぐれで取引をしたり、「うまい儲け話」を追い求めたりしないで済みます。

    一方、男性はこのような行動をとって、自分のポートフォリオを弱める傾向にあります。

    私たちは常に、自分の目標とお金の知識を持って前に進む必要がありますが、賢明な人たちはアドバイザーの力を借りて計画を立てています。

    このような言葉があります。

    「アドバイスが無ければ計画は失敗するが、アドバイザーがいれば成功する」

    毎年、キムと私はしっかりと来年のお金の目標を立てています。それから、達成に向けて、目標までの手段とスケジュールを組んで、目に見えるステップに分けていきます。 最後に、アドバイザーたちに会って、フィードバックと知恵をもらうのです。

    私が以前に共有したのは、ベントレー(高級車)の資金についてです。

    私は新しいベントレーが欲しく、その時はすぐに購入できるお金もありました。しかしそうはせず、代わりに新車の費用に当てるためのキャッシュフローを生む資産を購入する計画を立てました。この計画を実現するためにアドバイザーと密に連携し、実現には約1年かかることがわかりました。

    辛抱強く、計画の各ステップを実行した結果、約1年で新たなキャッシュフローを生む資産と新しいベントレーの両方を手に入れたのです。

    その結果を得るためには忍耐力と、行動するタイミングを知っている必要がありました。目先の欲求を我慢して努力しただけの価値はありました。
  4. 女性はリスクを嫌うのではなく、リスクを強く意識する
    女性は男性と比較して「リスクを嫌う」ことが研究によって示されています。

    「女性が男性のように投資家として成功しない理由は、女性がリスクをとりたがらないことにある」という議論を聞いたことがあります。

    それにもかかわらず、女性は男性よりも一貫して投資家として成功することが調査では示されています。

    おそらくこれは、女性が計算済みのリスクしかとらない傾向があるためだと思います。

    キムは、少しリスクが高い投資(または不慣れな投資)を思い切ってするときは、決まっていつもよりもっと勉強し、多くのお金をかける前に少し時間を費やして下準備をしています。
  5. 女性は謙虚で素直である
    男性が投資の成果を自慢するとき、見栄や虚勢を張る傾向があるのは言うまでもありません。

    若い頃、ベルクロ財布のビジネスがうまくいかなかったとき、私は金持ち父さんに会って相談をしました。私はビジネスを好転させるためのアドバイスを期待していたのです。

    だから、金持ち父さんがこのビジネスがもう限界まで来ており、ビジネスを閉じる必要があると言ったとき、私はやりきれない気持ちでいっぱいでした。

    私は傲慢だったので、「自分が原因ではない」ということを金持ち父さんに分からせようとしましたが、本当のところは自分の財務諸表を金持ち父さんのように読みとることができなかったことが原因でした。

    私の財務諸表を一目見た時に、無知さと傲慢さが私の判断を曇らせていたということが、彼に伝わっていたのです。

    最終的に事業を清算して、100万ドル以上もの借金を完済しました。
    もしこうしていなければ、事態はさらに悪化していたでしょう。

    人生のある時点で、私たちは皆、傲慢です。

    男性は自分が知らないことがあると傲慢になりがちで、特にお金の教育のことになるとその傾向が強いことに気付きました。

    多少の知識はあるかもしれませんが、専門家のレベルには及びません。

    男性は、謙虚になって専門家ではないと認めずに、傲慢な態度をとって、自分たちを専門家だと思わせようとするのです。
  6. Robert Kiyosaki
    ロバート・キヨサキ

メールマガジンカテゴリの最新記事