あなたは今、2つの岐路に立たされています…

あなたは今、2つの岐路に立たされています…

あなたは今、2つの岐路に立たされています…

あなたには、今2つの道があります。

どちらを選びますか?

A:お金の知識を増やし、富を築くために学ぶこと
B:あなたの面倒を見てくれる政府やお金持ちに頼り、ますます貧乏になること

今、私たちは大きな分岐点に立っています。

今までのように、

いい学校に行き、安全かつ安定した仕事に就けば、
豊かに生活できる時代は終わりました。

新しい時代では、
会社で雇われて働くだけではなく、

起業家として働いていく
必要があるでしょう。

私自身も元々は会社員として働いていた時期がありましたが…

・たくさん働いても収入アップには限界がある…
・休暇を取るタイミングなど、私生活を自分でコントロールできない…
・嫌な人とも一緒に働かないといけない…

こんなことを感じており、
「いつか起業家になって成功してやろう!」と
ずっと思っていました。

起業家を目指した時期、
特に25歳から35歳までの間は失敗続きで
とても苦労をしました…

しかし、その苦労を経て
ビジネスや投資で成功することができ、
今では経済的自由を手に入れることができています。

こんなことを言うともしかしたら、
「起業家になるなんて、難しい…」
とあなたは思われているかもしれません。

ただ、起業家にならなかったとしても、
“起業家のようになる“ことは
日々、仕事や生活をしていく上でも重要です。

そのような考え方を持つだけでも、
経済的に豊かになるチャンスが大きくなるからです。

では、どうすれば“起業家のようになる“ことができるのでしょうか?

必要なことを2つお伝えしたいと思います。

起業家のようになるために必要な2つのこと

“資金“でしょうか?

たしかにビジネスをしていく上で、
お金は必要になってきます。

ただ、起業をして失敗する多くの人たちは
資金不足が原因ではありません。

実は、基礎となるトレーニング不足や
起業家としての苦しみに耐えるだけの
基礎体力がないからなのです。

私も起業したての頃は、とても苦労をしました。

失敗に失敗を重ね、借金1億円を背負ったこともあり、
ホームレスになった時期もありました…

そんな中でも、
起業家として成功することを諦めず、
苦しみに耐えて、前を向き突き進みました。

そうしたことで、今の私があるのです。

根性論にはなってしまいますが、
最終的には耐え忍ぶ力、
「ガッツ」が必要になってくるのです。

そして、“起業家のようになる“ためには
もう一つ必要なことがあります。

それは、今までの教育の考え方を変えることです。

今までの教育は、
「いい学校に行き、安全かつ安定した仕事に就くために勉強をしなさい」
といったものでした。

しかし、先ほどいった通り
この考え方でうまくいく時代は終わりました。

これからの教育では、

「いい仕事に就いて一生懸命働くため」

ではなく、

「お金に一生懸命働いてもらうため」

に学んでいく必要があります。

金融リテラシーを身につければ、
「資産」を作り上げることができます。

「資産」はあなたのポケットにお金を入れてくれるもの。

起業家として成功している人たちは
みんなこの資産を作り、
経済的に豊かな生活を送っているのです。

“起業家のようになる“ために
必要なことを2つご紹介しましたが、

もしかしたら、
「今から実践するのは難しい…」

そう、あなたは感じたかもしれません。

しかし、諦める必要はありません。

私自身も成功するまでには
かなり時間がかかったからです。

例えば、ベストセラー本を初めて書いたのも
50歳になってからでした。

また、私は大学を卒業して就職した後
同級生よりも稼ぎは少なかったのですが、

今では大学でも優秀で
高い給料が得られる職に就いた同級生よりも

はるかに多くの稼ぎを得ることができています。

私は学習スピードが人よりも遅く
大学では多くの人と差をつけられていましたが、

それでも、諦めずに
着実に知識を吸収していきました。

そして、それをコツコツと実践していき、
経済的に豊かな生活を送ることが
できるようになったのです。

なので、あなたも諦めてはいけません。

今からでもしっかり学んでいくことで、

“起業家のように“あるいは、起業家になって
経済的に豊かな生活を手に入れることができる
チャンスがあるのですから。

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

P.S.

実際に起業をするとなると、

・知識や経験がない…
・失敗するのが怖い…
・何から始めていいかわからない…

といったことを感じるかもしれません…

でもそんなあなただからこそ向いている
起業法があるとすればどう思いますか?

そんな方法がこちらにあります。

メールマガジンカテゴリの最新記事