“合法的に”お金を刷る方法?

“合法的に”お金を刷る方法?

貧乏父さんが

「いい仕事に就くために、いい学校を卒業しなさい」

と言っていたとき、
いつも安定であることが大切だと
言っていました。

一方、金持ち父さんに安定について質問をすると
こんなことを言っていました。

「安定を求めれば求めるほど、自由が少なくなる。
最も安定しているのは、刑務所に入っていることだ」

「もし自由を望むなら、安定を手放す必要がある。
従業員は安定を求め、起業家は自由を求めるんだよ」

私は金持ち父さんのこの話を聞いて、
「自分は安定ではなく、自由になりたい」
と考えるようになりました。

そして、起業家になることを決意したのです。

ただ、自由になるためには
具体的に何をすればいいのでしょうか?

金持ち父さんは、
「自分に投資をすること」が
大切だと言っていました。

自由になるためには、まず「自分に投資」する必要がある

自分に投資をするとは、
ファイナンシャルリテラシーを身につけるために、
お金の勉強をすることです。

昔は仕事をしてお金を稼いで貯金をしていれば、
お金を増やすことができたかもしれません。

というのも、銀行に貯金をしているだけでも
8%程度の金利がついていたのですから。

100万円を銀行に預けているだけで、
8万円が手元に入ってきたわけです。

ただ、今の時代の金利は0.001%。

100万円を預けていても
たったの10円にしかなりません…

これでは、お金を増やして
自由な生活なんてできたものでは
ありませんよね…

そのため、お金を増やして
自由な生活をしていくためにも

ファイナンシャルリテラシーを身につけて、
「資産」を作っていかなければいけません。

資産は、
自分のポケットにお金を入れてくれるもの。

資産があれば、
あなた自身が働かなかったとしても、
お金があなたの手元に入ってきます。

そうすれば、会社で週5日間
1日7~8時間働き

日々「自分の自由がない」生活から
抜け出すことができます。

では、その資産を生み出すためには
どうすればいいのでしょうか?

それは、キャッシュフロー・クワドラントの
右側に行くことです。

キャッシュフロー・クワドラントの右側で資産をつくる

多くの人は、
左側の従業員として働き
給料を得ています。

もちろん、従業員を否定するわけではありませんし
私自身も過去に会社で従業員として働き
いい経験をさせてもらったと思っています。

しかし、従業員として働いていると
1日の時間のほとんどが
会社に拘束され、

かつ、一生懸命働いていても
給料がそれほど上がるわけでもありません。

なので、自由な生活をしたいと思うなら
右側のクワドラントへ移動する必要があるのです。

● Bクワドラントの場合

このクワドラントでは、
働くのはあなた自身ではなく、
あなたが雇う従業員になります。

そのため、あなた自身が働いていないときでも
お金があなたの手元に入ってくることになります。

つまり、自由な時間が増えるということです。

かつ、あなたが従業員として働く場合は
あなたが働いた分しか
お金を手に入れることができませんが、

Bクワドラントでは、
複数の従業員が働いてくれるわけですから、
従業員の数だけ、お金が無限に増えていくことなります。

● Iクワドラントの場合

このクワドラントでは、資産へ投資をすることで
資産があなたの代わりにお金を生み出してくれます。

例えば、不動産などがそうです。

不動産を購入して、誰かに貸し出せば
毎月、一定のお金があなたの手元へ
入ってくることになります。

あなた自身が働く必要は
ないということですね。

私自身もこの不動産へ投資をすることで
お金をどんどん増やしていきました。

今では不動産からの家賃収入だけで、
生活することができています。

富裕層と呼ばれる人たちは
みんなこのキャッシュフロー・クワドラントの右側で収入を得て

自分が好きなときに、好きなことができる
自由な生活を送っています。

あなたも今の縛られた生活から
抜け出したいと思うなら…

ファイナンシャル・リテラシーを身につけて
キャッシュフロー・クワドラントの右側へ
移動することを考えてみてください。

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

P.S.

クワドラントの右側
Bクワドラントへの憧れはあるけど、
起業するとなると、

・知識や経験がない…
・失敗するのが怖い…
・何から始めていいかわからない…

なんてことを感じているかもしれません。

でもそんなあなただからこそ
向いている起業法があるとすれば
どう思いますか?

しかも、経験も専門知識も必要なく、
6つのステップを手順どおりやっていれば
“99%”失敗しない起業法だと言われたら…

ウソだと思ったら、こちらを一度ご覧ください。

メールマガジンカテゴリの最新記事