なぜ、老後破産が3倍に増えているのか?

なぜ、老後破産が3倍に増えているのか?

なぜ、老後破産が3倍に増えているのか?

ここ30年間で1947~49年の間に生まれた
団塊の世代の破産率が
3倍に増加しました。

一体、なぜなのでしょうか?

それは、世の中の状況が変わっているにも関わらず、
昔からの「古い考え方」に縛られ、
自分を変えようとしなかったからです。

では、彼らが持つ「古い考え方」とは
どのようなものなのでしょうか?

それは、

「いい学校に行き、いい仕事に就き、家も持ち、お金を貯めることが
幸せになることだ」

といった考え方です。

昔はこの考え方でも、幸せになることが
できたかもしれません。

ただ、“新しいお金の世界”では
この考え方は通用しません…

実際、私が団塊の世代の人たちと話すとき、
こんなことをよく言われます。

「今、人生で一番お金を稼いでいるのに成功できそうにありません」
「少しずつお金が貯まるたびに、大きな出費が重なり、全て失う気がします」
「クレジットカードは緊急時にしか使わないのに、なかなか借金が減りません」

これは、経済的コントロールが
できない人がよく言う言葉です。

多くの人は、給料が上がるたびに
生活水準を上げようとします。

その中で、
自分のポケットにお金を入れてくれる「資産」
購入するのではなく、

自分のポケットからお金を出していく「負債」
買ってしまうのです。

その結果、経済的コントロールをすることができず、
いつまでたっても成功できないと感じてしまうのです…

今後、訪れる老後の危機を回避したいのであれば、
経済的コントロールをする必要があります。

ではその方法とは一体
どのようなものなのでしょうか?

経済的コントロールをするための3つの方法とは?

①財政状態の評価をする

団塊の世代の人たちが
退職後に老後破産をしてしまうのは、

「老後にどれだけお金がかかるのか?」
把握していなかったからです。

今日、そのような人たちは
生活のために、スーパーのレジ打ちや
ビルの清掃員としてアルバイトをしていますが、

それでもお金が足りていません…

あなたは老後にそのような人たちと
同じような生活をしたいでしょうか?

②支出を洗い出す

今、自分が何に?どれだけ?
お金を使っているかを洗い出しましょう。

恐らく、
「これ無駄遣いだな…」
といったものがたくさん含まれているはずです。

例えば、

何気なく立ち寄ったコンビニで
ジュースやお菓子を買っていませんか?

③支出をまかなうための投資を始める

自分が今どれだけ支出をしているか?を把握したら、
次はそれをまかなうためにはどうすればいいか?
を考える必要があります。

支出の中には、無駄遣いだけではなく
もちろん必要な支出が含まれているはずです。

例えば、
・住宅費
・生活費
・ローンの支払い

など、これらは退職後に収入が途絶えた中、
今までの貯金や年金でまかなうことができるでしょうか?

一度計算をしてみてください。

「これでは足りないじゃないか…」と思ったら、
それをまかなうために、
今から投資をして収入源を作る準備を始めましょう。

このように経済的コントロールをするための3つの
方法をご紹介しました。

あなたも老後に不安がない
生活をしたいと思うなら…

この3つの方法を参考にして
今から準備を始めてみてください。

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

P.S.

ロバート・キヨサキは

支出を見直し、その不足をまかなうためには
投資を始めることが大切だと言っていました。

もしかしたら、あなたは既に
「老後、お金が足りないのでは?」と感じ

「投資を始めないとな…」
と思っているかもしれません。

ただ、「何から始めればいいのか分からない」
と感じているのではないでしょうか?

もし、そう感じているなら…

→こちらをご覧ください。

メールマガジンカテゴリの最新記事