「E」「S」クワドラントでもお金持ちになれるが…

「E」「S」クワドラントでもお金持ちになれるが…

「E」「S」クワドラントでもお金持ちになれるが…

私はニューヨークのメトロポリタン美術館で開催された
ファッション・チャリティ・イベントに参加しました。

このイベントには正直、
関心がありませんでしたが、

ここに参加した米国の議員である
アレクサンドリア・オカシオコルテスが
イベントに登場したことは、
関心を持たずにいられませんでした。

というのも、
彼女は「金持ちに課税しろ」と書かれたドレスを着て
登場したからです…

政治家は選挙で当選するためには、
何でもするのです。

そして、彼らのお気に入りのスローガンは
「金持ちに課税しろ」なのです。

国の経済が不況で苦しんでいるときには、
お金持ちがいじめられやすくなります。

しかし、ここで注意しなければいけないのが、
「金持ちはどの金持ちのことを言っているのか?」
ということです。

お金持ちと言っても
いくつか種類があるので、
それを把握する必要があります。

そうすることで
「どのお金持ちが多く税金を取られるのか?」を把握でき、
税金をできるだけ少なくすることができるのです。

そのためにも、
お金持ちにはどのような種類があるのか?を
まず知る必要があります。

お金持ちにはどのような種類があるのか?

お金持ちの種類を知るためにも、
まずキャッシュフロー・クワドラントの
おさらいをしておきましょう。

①Eクワドラント

このクワドラントにいる人たちは
主に会社に勤めて、
会社から給料をもらっている人たちです。

Eクワドラントの人たちは、
「安全で安定していて、給料がよく、福利厚生が充実している仕事を探す」
と言うでしょう。

貧乏父さんもそうであったように、
多くの人はこのEクワドラントにいて
「一生懸命働き、たくさんの給料をもらうこと」
がお金持ちになることだと思っています。

確かに、このクワドラントでも
世間一般で言われる“お金持ち”に
なることはできるでしょう。

しかし、会社員として一生懸命働けば働くほど、
国からたくさんの課税をされることになります。

彼らはそのことをわかっていないのです…

②Sクワドラント

このクワドラントにいる人たちは、
会社に属さずに自分たちでビジネスを行う
自営業者です。

彼らは「自分のやりたいようにやること」を好みます。

そして、自分の収入を他人に依存することを嫌います。

そのため、自分が一生懸命働けば
それに見合った報酬が得られると
考えています。

しかし、彼らもEクワドラントの人達と同じで
一生懸命働けば働くほど
国からたくさんの課税をされることになります。

③Bクワドラント

このクワドラントにいる人たちは
「私の会社の経営を任せられる新しい社長を探している」
と言います。

彼らはSクワドラントの人たちとは正反対で、
自分よりも仕事ができる人たちに
囲まれることを好みます。

そして、こんなことを言います。

「誰かを雇えば、その人のほうがうまくいくのになぜ自分でやるのか?」

Bクワドラントの人たちは、
自分の会社のために
たくさん優秀な人を雇います。

それがたくさんの雇用を生み出し、
たくさんの富を生み出します。

そのため、国からも高く評価され
税金面で優遇を受けることができるのです。

④Iクワドラント

このクワドラントの人たちは
「お金でお金を増やすこと」を考えます。

お金が自分の代わりに働いてくれるので、
自分で働く必要がありません。

そして、彼らは株式だけではなく、
国が推進するプロジェクトなどにも
投資をします。

そのため、国から税金面で
優遇を受けることができるのです。

このように、
キャッシュフロー・クワドラントを改めて見ると、

どのクワドラントでお金持ちになれば
税金面でも優遇されるのかがわかります。

あなたも、もしかしたら

Eクワドランドで
「会社で一生懸命働き、たくさんの給料をもらうこと」で
お金持ちになれると思っているかもしれません…

ただ、本当のお金持ちになり
かつ国から税金をできるだけ減らすためには、

右側のクワドラント、つまりBかIで収入を得る
必要があるのです。

あなたも本当のお金持ちになりたいと思うなら…

右側のクワドラントへ移動することを
考えてみてください。

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

P.S.
右側のクワドラントへ移動する方法の一つに、
Iつまり投資家になるという選択肢がありますが…

「投資と言っても何から始めればいいか分からない…」
とあなたも思っているのではないでしょうか?

もし、そう思っているなら…

投資を始めるためにいいきっかけがここにあります。

→こちらからどうぞ。

メールマガジンカテゴリの最新記事