あなたを貧乏にする3つの考え方

あなたを貧乏にする3つの考え方

あなたを貧乏にする3つの考え方

多くの人が経済的に苦労をしている原因は、
彼らが親から「お金に対する間違った考え方」を
受け継いでいるからです。

多くの親は、資産を購入する代わりに、
働いて稼いだお金で負債を購入し、
それを資産だと当たり前のように思っています。

そのため、
「いい学校を出て、いい仕事に就きお金を稼ぎなさい」
と子供達に教えるのです。

ただ、貧乏父さんがそうであったように、
いい学校を出ていい仕事についても
お金持ちになれず、経済的に苦労する可能性が高いのです…

これは間違ったお金に対する考え方です。

もし、お金持ちになりたいと思っているなら
親から教えられた古い考え方を
捨てなければいけません。

そのためにも、
まずは古い考え方がどのようなものなのか?

これを把握する必要があります。

お金に対する3つの古い考え方とは?

①「お金を稼いだら、お金の問題は解決する」という考え方

お金がありすぎることは、
お金が足りないことと同じぐらい
大きな問題になりがちです。

金持ち父さんも
「お金は人を豊かにするが、金持ちにも貧乏にもする力がある」
と言っていました。

では、なぜお金がありすぎることが
大きな問題につながるのか?

それは、お金がたくさん入ってきたことで
舞い上がり、多くの負債を買ってしまうことが原因です。

先ほど言った通り、多くの人が
「資産」だと思って買ったものは
「負債」である可能性が高いからです。

負債は「あなたのポケットからお金を出していくもの」。

そのため、いくらたくさんのお金を稼いだとしても
負債を買ってしまえば、
逆に貧乏になってしまうのです。

②「失敗することはダメ」という考え方

あなたも、「失敗することはダメ」という考え方を持ち
怖くて色々なことに挑戦ができなかった経験が
あるのではないでしょうか?

例えば、
「今の仕事で給料に不満がある…
収入アップのために転職したいけど、失敗したら怖い」

と思い、キャリアチェンジできない
といったことはよく聞く話です。

確かに、今の仕事を変えるのは勇気がいりますし、
なかなかできないことかもしれません。

ただ、もし今よりも収入をアップしたいと思うなら、
行動を起こして、今の自分を変える必要があります。

その際に「失敗することはダメ」といった考え方があれば、
ますます、チャレンジがしにくくなるのではないでしょうか?

③「借金することはダメ」という考え方

全ての借金がダメというわけではありません。

借金には「良い借金」と「悪い借金」の
2種類あります。

悪い借金とは、
あなたのポケットから
お金を出していくものです。

例えば、洋服、住宅ローン、車など
を買うためにする借金です。

一方、良い借金とは
あなたのポケットにお金を入れてくれる
「資産」を買うためにする借金です。

例えば、不動産投資をする際の借金は
まさに「良い借金」ではないでしょうか。

良い借金を利用すれば、少ない金額で
資産を購入することもでき、
お金持ちになるチャンスが大きくなるでしょう。

このようにお金に対する3つの古い考え方を
ご紹介しました。

あなたはどうでしょうか?

もし、あなたもこの3つに当てはまっていたら
それはあなたがお金持ちになることを
妨げているかもしれません…

これを機に、一度自分の考え方を
見直してみるのはいかがでしょうか?

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

P.S.
ロバート・キヨサキが言っていた通り
古い考え方の中には「失敗することはダメ」と
いったものがありました。

例えば、投資をするときも
そのような考え方があり

「なかなか投資を始められない」
と思っているかもしれません…

そんな方はこちらをご覧ください。

→こちら。

きっと「なぜ早く始めなかったんだ…」
と思われるでしょう。

メールマガジンカテゴリの最新記事