【3つのコツ】金持ちはこうやってお金を使う

【3つのコツ】金持ちはこうやってお金を使う

【3つのコツ】金持ちはこうやってお金を使う

あなたは予算を立てていますか?

そもそも予算とは何か?

簡単に言うと…

個人の場合は、生活していくうえで
「今持っているお金をどう使っていくか?」
を考えることです。

企業の場合、
「目標の利益を達成するために、
経費をどれぐらい使っていくか?」
を考えることです。

経済的に豊かになるためには、
この予算をしっかり立てて
いかなければいけません。

しかし、多くの人は
なぜか予算を立てる際に誤解をしています。

何も考えず予算を立てたり、
月に1回支出を見直すだけで
いいと思っているのです。

賢い予算の立て方は、
あなたのポケットにお金を入れてくれる
「資産をどうやって作っていくか?」を考え、

そのために、投資の経費を毎月細かく
考えることなのです。

では、そのように賢く予算を立てるためには
どのようなことをすればいいのでしょうか?

それをお伝えする前に、
予算の立て方には
3つ方法があることをご紹介します。

3つの予算の立て方

①貧困層の予算の立て方

貧困層のマインドセットを持つ人は、
ほとんど予算を立てません。

立てたとしても、
とてもシンプルなものになります。

なぜでしょうか?

それは、彼らには
資産も不労所得もないからです。

貧困層のマインドセットで予算を立てる人は
毎月の労働所得(つまり給料)と支出を
記録するだけです。

そして、残ったお金は
万一のときに備えて貯金します。

貧困層の人たちにとって、
予算はお金を使いすぎていないか?を
確認するためのツールとして機能しますが…

経済的な洞察力、インスピレーション、
成長のきっかけにはなりません。

②中間層のような予算の立て方

中間層の人たちは、たいてい収入が支出を
上回っています。

そのため、少し投資をしているかもしれませんが、
日々それに集中しているわけではありません。

ほとんどの人が、
金融機関のアドバイザーに運用を任せ、

自分自身で管理をしようとしません。

そして、彼らは見栄を張ることばかりを考えて
家、高級車、バカンスなどにお金を使います。

彼らは、予算を毎月の残金を把握する
ツールとして使っています。

そして、余ったお金を自分のご褒美とし、
それを「自由に使える支出」として
使うことが多いのです。

私はこれを
「無駄遣い」と呼びます。

そうしている間、
彼らは負債を生み出すものの、
資産への投資をしていません。

中間層の人たちにとって、
予算は支出が収入よりも少ないことを
確認するためのツールであり、

また、「楽しむ」お金をどれぐらい使えるか
知るためのツールでもあります。

彼らのお金の出所は、
投資による不労所得ではなく
常に給料による労働所得です。

③富裕層のような予算の立て方

富裕層の人たちは、
予算を収入と支出を比較するためのものとは
考えません。

彼らはお金を増やすための準備であると
考えているのです。

つまり、貧困層のように
「お金が足りない」とか

中間層のように
「どれだけ余分なお金を使えるか?」
というのではなく、

「どうすればお金を増やせるのか?」
を考えているのです。

このように、予算の立て方は
3つあることをご紹介しました。

では、富裕層のように
予算を立てるためには
どのようにすればいいのでしょうか?

金持ち父さんは、
私に3つのコツを教えてくれました。

金持ち父さんが教えてくれた3つのコツ

①余ったお金を効果的に使う

金持ち父さんは余ったお金を
どうすれば効果的に使えるか?
を考えていました。

ほとんどの人は、
余ったお金をただ銀行に預けたり、
負債に使いお金を減らしてしまいます。

では効果的な使い方とは
どのような使い方なのでしょうか?

金持ち父さんは
余ったお金を投資に使っていました。

そうすることで、「お金がお金を増やし」
お金持ちになっていきました。

多くの人は「投資をしたい」と思いながらも、
他のことにお金を使ってしまい、

「投資をするための資金がない」と言い、
投資を始めようとしません。

そのため、
いつまでたってもお金持ちになれないのです。

②資産を負債で支払う

貧乏父さんは、節約家で
節約することは美徳だと思っていました。

贅沢品が欲しければ、
自分自身でそれを否定し
「それを買うお金はない」と言っていました。

一方、金持ち父さんは欲しいものがあれば
「それを買うためにはどうすればいいか?」
をいつも考えていました。

そして、金持ち父さんは
資産を増やすことでお金を増やし、

そのお金で欲しいものを買ったり、
負債の支払いをしていました。

資産で欲しいものが買えるようになるまで、
資産へお金を投入し続けたのです。

そうすることで、
欲しいものは何でも手に入れることができ
同時に資産も手に入れることができたのです。

③強い精神力を保つこと

①、②でお伝えしたことを実行するには、
「厳しい状況でも、強い精神力を発揮する」
というマインドセットを築くことが大切です。

多くの人は厳しい状況になると、
投資、慈善活動などをやめてしまいます。

しかし、富裕層は厳しい状況のときでも
より多くのお金を資産へ費やして、
お金を増やし続けます。

私の場合も、
1億円以上の借金を抱えていたとき、
すぐに諦めて、職を見つけ、
中間層の生活に落ち着くこともできました。

しかし、お金の教育や投資のために
予算を確保し、生活費を稼ぐための方法を
懸命に探しました。

私は苦しい時期を乗り越えたことで、
どんな状況でもお金を増やせる
メンタリティを身につけることができたのです。

あなたにも同じことができます。

あなたも強いメンタリティーを身につけて
金持ち父さんの教えを実行してみてください。

そうすることで、経済的に豊かな生活を
送ることができるでしょう。

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

P.S.
金持ち父さんは
「富裕層は、まず資産へ投資をしてお金を増やす」
と言っていました。

でも、いざ投資を始めようと思っても、
「何に投資をすればいいんだろう…」
と悩みますよね。

そんなあなたにとっておきの投資先をご紹介したいと思います。

→こちら

メールマガジンカテゴリの最新記事