貯金を続けると危険な理由

貯金を続けると危険な理由

貯金を続けると危険な理由

「経済的自由とは何か?」

私は当時、貧乏父さんに
この質問をしましたが、
答えは返ってきませんでした。

彼は金銭的に乏しかったのではなく、
マインドセットが乏しかったのです。

彼は、ハワイ州の教育長で高級取りでしたが、
彼はお金を毛嫌いし、
「それを買うお金は無い」とよく言っていました。

そのようなマインドセットだったため、
彼は死ぬまでお金に困った生活を
することになったのです…

一方、金持ち父さんは
「経済的自由とは何か?」について、
身をもって教えてくれようとしました。

彼は貧乏父さんとは違い
マインドセットが豊かで、
大金持ちになっていきました。

私はこの金持ち父さんにように、
「経済的自由なりたい」と
ずっと思っていましたし、
結果的にそうなることもできました。

ただ、ここで
「結局、経済的自由とは何なの?」
とあなたは疑問に思ったかもしれません。

経済的自由とは30年から40年先まで、
貯蓄があることでしょうか?

多くの人は、
「65歳まで働いて、その後に引退すること」が
経済的自由になることだと思っています。

しかし、これはいい定義ではありません…

例えば、引退した後に
経済が崩壊してインフレが進んだら
どうでなるでしょうか?

もし、そうなれば30年から40年分の貯蓄は
あっという間になくなってしまう可能性があります…

なので、経済的自由とは
「何十年先まで生活していくための貯蓄があること」ではなく、

「何があっても、今後何十年もずっと生活していける状態」
になることなのです。

そのためにも、今のうちから
準備をしておく必要があります。

ただ、「何から準備すればいいのか?」
とあなたは思われたかもしれません。

そこで、経済的自由になるための
3つのステップをご紹介していきます。

経済的自由を実現するための3ステップ

私自身が経済的自由になれたのは
次の3つのステップがあったからだと
思っています。

  1. キャッシュフローを生み出す資産を購入して、資産を築く。
  2. 資産からのキャッシュフローで、生活費の一部をまかなえるようにする。
  3. 資産がもたらす毎月のキャッシュフローが、生活費と同等以上になるまで続ける。

これらの3つのステップを踏むことで、
資産が自分のために働いてくれ、

キャッシュフローを生み出し、
経済的自由になることができるのです。

私もこの3つのステップを実践することで、
経済的自由になることができました。

私の場合は、不動産投資をすることで
資産をどんどん築いていきました。

不動産投資をして、賃貸で貸し出せば
毎月、家賃収入を得ることができます。

そこから得た家賃収入を貯めて、
次の不動産を購入していったのです。

そして、それを繰り返すことで、
所有する不動産の数を
どんどん増やしていきました。

そうすることで、不動産の家賃収入だけで
生活費をまかなえる状態を作ることができました。

今では、毎月の生活費をまかなうだけではなく、
自分が好きなことに使うお金も
不動産の家賃収入でまかなうことできています。

もし、あなたも経済的自由が
「30年から40年先まで貯蓄があること」と
考えているなら…

一度、その考え方を見直してみてください。

そして、本当の意味で「経済的自由」を
手に入れるためにも、
資産を形成していくことを考えてください。

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

P.S.
「資産形成しないといけない…
「でも、なかなか動き出せないんだよな…」

とあなたは思っていませんか?

確かに、やろうと思っても
何から始めればいいか分からないし、
いろいろ調べるのも面倒だったりしますよね…

ただ、こちらを見れば
具体的に何をすればいいかが明確になります。

→あなたの一歩目を後押しするヒントを見る

メールマガジンカテゴリの最新記事