【注意】起業家を目指すあなたへ

【注意】起業家を目指すあなたへ

【注意】起業家を目指すあなたへ

「真の起業家」とは、
どんな起業家でしょうか?

よく、キャッシュフロー・クワドラントの左側にいる
「自営業」の人たちは、自分のことを
「起業家」と言いますが、本当にそうでしょうか?

あるいは、フリーランスやコンサルタントの人達が
自分を「起業家」と言って、
お客さんにサービスを提供していますが…

彼らは本当に起業家と言えるでしょうか?

残念ながら、彼らは起業家ではありません。

私はキャッシュフロー・クワドラントを使って
真の起業家とは何か?自営業者との違いは何か?
をずっと説明してきました。

自営業者は自分たちを起業家と呼びたがりますが、
そうではありません。

彼らは自分のビジネスを所有していませんし、
人を雇っているわけでもありません。

なので、自分自身が働かなければ
収入を得ることができません。

では、真の起業家とは一体何なのでしょうか?

それは、
自分が働かなくても収入を得ることができる
ビジネスを持っている人たちのことです。

キャッシュフロー・クワドラントで言う、
右側にいる人たちです。

彼らは、人を雇ったり、
仕事を自動化するシステムを作ることで、

自分の能力をはるかに超えたスピードで
ビジネスを拡大していきます。

もし、あなたもこれから
「真の起業家」になりたいと思ったら…

右側のクワドラントへ移動することを
考えなければいけません。

ここでは、自分のビジネスを所有し、

右側のクワドラントへ移動するための
5つの方法をご紹介します。

「真の起業家」になるための5つの方法

①人とは違ったことをする

「起業家になる」といったら、
なぜ「安定した仕事」に就いているのに辞めるの?
失敗したらどうするの?
危ないからやめておいた方がいいんじゃないの?
と、家族や友人など周りの人は
恐らく反対をするでしょう。

しかし、起業家になった人達は
「人とは違ったこと」をしてきたからこそ、
起業家になることができたのです。

よく「破壊的」といった言葉が使われますが、
「今に甘んじることなく、現状を破壊していく」
そんな気持ちが必要になってきます。

例えば、Uberはタクシー業界を
「破壊」した企業と言えるでしょう。

同社の創業者たちは、
長い歴史のある業界を見て、

「もっと良い方法があるのではないか?」と考え、
現状を変えていこうとしたのです。

②仕事と遊びを区別しない

起業して、自分でビジネスをしていくとなれば
エネルギーと労力が必要です。

しかし、真の起業家はこれを苦としません。

なぜでしょうか?

それは多くの起業家は仕事と遊びを区別せず、
もはや仕事が遊びになっているからです。

もし、真の起業家になりたかったら、
仕事を遊びとして楽しめる
気持ちが必要と言えるでしょう。

③細部ではなく、全体を理解する

アップルを創業した
スティーブ・ジョブズについて
こんな話があります。

動画編集アプリのiMovieを開発した
アップルのチームは
ジョブズと重要なミーティングを
控えている際に、

設計図や図式などの詳細を
山ほど用意していました。

しかし、ジョブズが会議室に入ってくると
それには目もくれず、ホワイトボードへ向かったのです。

そして、動画プレイヤーの絵を描くと
その横には動画ファイルの絵を描きました。

そして、ユーザーがそのファイルを
動画プライヤーにドラッグできることを示す
矢印を描いたのです。

そして、「我々が作っているものは、これだ」
と言いました。

ジョブズはお客さんが何を求めているのか
詳細ではなく全体で理解をしていたのです。

そして、最終的に何を作るべきなのか?を
考え出しました。

成功する起業家はみんな、
同じようなことをしているでしょう。

④マネージャーのように行動する

プロスポーツチームには
マネージャーとコーチがいます。

チームをまとめるのはマネージャーで、
各選手個々人を指導していくことが
コーチの役割です。

そして、マネージャーの最大の仕事は
適切な人材を発掘し
それぞれに合ったポジションに
人材を配置することです。

そうすることで、それぞれが
最大のパフォーマンスを発揮できるようにするのです。

選手が最大のパフォーマンスを発揮できなければ、
どんなに優秀な人材やあるいはコーチがいたとしても
チームはうまくいきませんから…

ビジネスにおいても、同じことが言えて
起業家はコーチではなく
マネージャーになる必要があるのです。

⑤より重要な目標を持つ

恐らく、最も重要なことは
「お金を稼ぐこと」の目的を
明確にすることです。

起業をして、自分でビジネスをするとなれば
もちろん、大変なことがあるでしょう。

そのときに、明確な目標が無ければ
それに耐えることができず、
途中で挫折をしてしまいます…

私自身がリッチ・ダッド社を作った目的は
「人類の経済的豊かさを高めること」でしたが、

もしこの目標がなかったら、
途中で挫折をしていたでしょう。

このように「真の起業家」になるための
5つの方法をご紹介しました。

あなたも真の起業家になり、
経済的自由を
手に入れたいと思うなら…

ここで紹介した5つの方法を
参考にしてみてください。

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

P.S.
ロバート・キヨサキは
「真の起業家」になるには
5つの方法があると言っていましたが、

もしかしたら、
「もう少し具体的な方法はないのか?」
とあなたは感じたかもしれません。

もし、もっと具体的な方法を知りたいなら…
ここでその方法を知ることができます。

メールマガジンカテゴリの最新記事