投資で失敗しない3つの原則

投資で失敗しない3つの原則

投資で失敗しない3つの原則

16世紀の哲学者エラスムスは
「感情」は「理性」を凌駕すると言っています。

感情が高ぶっているとき、
理性の24倍の力があるそうです。

それが科学的に正しいかどうかわかりませんが、
私の経験では、それは正しいのではないかと思っています。

あなたも今まで理性が効かなくなり
感情に身を任せ、こんな経験をしたことがありませんか?

  • 怒りに任せて言ったことが、後になって言わなければよかったと後悔したこと
  • 自分には合わないと分かっている人に好意を持たれ、最終的に結婚までしてしまったこと
  • 自分が傷ついたからといって、愛する人を傷つけるようなことをわざとしたこと

普段生活していると、つい感情的になって
行動してしまうことがありますよね。

これは投資をする上でも、同じようなことが言えます。

多くの人は、感情に左右され、
投資で失敗をしてしまうのです。

投資で成功するためには、
自分の感情をコントロールする必要があります。

そこで、ここでは感情をコントロールするための
3つの方法をご紹介していきます。

感情をコントロールする3つの方法

①計画を立てる

金持ち父さんはこう言います。

「多くの人たちは定年退職までの計画しか立てないんだよ。
それでは不十分で、老後のはるか先まで計画をしておく必要があるんだ。」

「金持ちなら少なくとも自分の3世代後まで計画を立てるべきだ。
そうしないと、自分が死んだらすぐにお金がなくなってしまうかもしれないからね。」

多くの人は投資にはドラマがあり、
ワクワクするものだと思っている。

だから、「一気に儲けが出ること」に期待し
計画も立てずにリスクが高いものへ投資をして
失敗してしまうのです。

将来、何が必要になるのかをしっかり考えて投資をすれば
それに応じて必要な金額が分かってきます。

それが分かれば、どれぐらい投資でリターンを得る必要があるかを把握でき
リスクが高いものへ無理な投資をすることもなくなるでしょう。

②集中する(FOCUS)

私は「FOCUS(集中する)」するという言葉を、

“Follow One Course Until Successful(成功するまで一つの道を進む)”

という意味で考えています。

この頭文字の中で私が一番好きなのは、
「成功するまで」という部分です。

成功する投資家になるためには、集中力が必要です。

集中力とは、継続力とも言えます。

例えば、ダイエット。

ダイエットをしようと思って、1週間運動を続け
食事制限をすることは簡単かもしれません。

しかし、これを何ヶ月も何年も続けることは難しく、
ずっと続けることが「集中力」と言えるのです。

私はダイエットで減量したのにリバウンドをして、
またダイエットをしなければいけない経験をしました。

これはまさに集中力の欠如と言えますね…

そしてお金に関しても同じように集中力が必要です。

お金持ちになっても、全てを失ってしまう人がいます。

宝くじが当たったのに破産してしまう人や
かつてスポーツ選手だった人が破産をしてしまう
といったことが典型例ではないでしょうか。

多くのスポーツ選手は何年もかけて、
大金を稼いだものの、引退した後5年もすれば
破産してしまう人が多くいるのです。

彼らはスポーツには集中できていましたが、
お金の維持管理には集中ができなかったのです。

集中力とは、ゴールしてもなお成功し続けることです。

多くの人が成功できなかったり、
一度成功してもそれが続かないのは
集中力が欠如しているからです。

集中しているときは、
「できない」「やってみる」「明日やる」
といった言葉は出てこなくなります。

集中するということは、
「やるか、やられるか」「必要な限りずっとやり続ける」
ということなのです。

③リスクをコントロールする

株式投資をする際は
「自分がどれだけリスクを取れるか?」を把握し、
リスクをコントロールしなければいけません。

そして、自分が取れるリスクを決める際は
このような考え方をします。

例えば、あなたが1,000万円持っていたとしましょう。
そして、あなたが取れるリスクは最大1%だとします。

つまり、10万円までなら損失が出て良いと
自分の中で決めるのです。

ここで、1株4,000円の株へ投資する場合、
最低1株3,800円までなら下がっても良いと考えます。

これは、1株あたり200円までなら
損失が出て良いと考えることです。

つまり、この株を最大で500株*購入できることになります。
*500株×200円=10万円(あなたが受け入れられる最大の損失額)

これは500株購入できるという意味だけではなく、
500株以上は買わないと自分の中で決めることです。

そのようなルールを決めてしまえば、
最初に決めた10万円以上の損失が出ることはなくなり、

「資金がなくなるぐらい大きな損失を出してしまう…」
といったことを避けることができるようになります。

株価が上がっているときは、よりたくさんの株を
購入したくなる気持ちはわかりますが、

欲望に左右されず、自分の中でルールを決め
リスク制限することが大切です。

このように投資をする上で、
感情をコントロールための
3つの方法をご紹介してきました。

あなたも投資をする際は、
この3つの方法を思い出して
投資に取り組んでみてください。 ロバート・キヨサキが言うように
投資をして資産を形成していくためには

「リスクが高いものへ投資をして一攫千金」を狙うのではなく、
リスクをコントロールしながら投資をしていくことが大切です。

ただ、リスクをコントロールすると言っても
「どの銘柄に」「どの金額で」「どの割合を」
投資すればいいか自分で判断するのか難しい…

とあなたは感じているのではないでしょうか?

もし、そう感じているのなら…

こちらにヒントがあります。

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

メールマガジンカテゴリの最新記事