デキるビジネスマンの要件

デキるビジネスマンの要件

デキるビジネスマンの要件

今は昔と違い、同じ会社でずっと働くことが
安泰だという時代ではなくなりました。

それこそコロナウィルスの影響で
会社が突然、倒産といったこともあるわけです。

だからこそ、自分の身は自分で守るため
起業家になり、経済状態をコントロールすることが
必要になってきています。

あなたは、
「起業なんて自分には関係ない」
と思われたかもしれません。

しかし、起業家にならなかったとしても、
起業家と同じようなマインドで
仕事へ取り組むことは大切です。

その上で、身につけるべき大切なスキルがあります。

それは、「問題解決能力」です。

金持ち父さんも、
「この世の中の問題は、問題解決ができる人が少ないということだ。
問題解決ができる人になれば、起業で成功してお金持ちにもなれる。」

と言っています。

起業家は世の中の問題を発見し、解決策を見つけます。
最も成功している人は、最高の解決策を見つけるのです。

ではどのように問題を発見し、
解決策を見つけていけばいいのでしょうか?

ここで、私の体験談をご紹介しましょう。

「ナイロン製の財布ビジネス」で問題解決をした経験

私は当時、友人であるジョンとスタンレーと共に
ナイロン製でサーファー用の財布を販売する
ビジネスを行っていました。

このビジネスを始めた際は、非常に大当たりしたので
私たちはお金持ちになれると確信していたのです。

しかし、その後どんどん財布は売れなくなっていき
私たちは多額の借金をかかえ、一文無しになってしまいました…

そんな窮地に立たされた中、
私はあるアイデアを思いつきました。

それはジョギングをしている人たちに
この財布を売ることでした。

私はジョギングが好きだったのですが、
周りでジョギングをする人達が
ある問題を抱えていることに気がついたのです。

それは、ランニングをしているときに鍵や身分証明書、
現金をしまっておくところがなかったことです。

ランニングショーツにはポケットがなく、
靴の中にしまっておくわけにはいきません…

そこで靴紐に取り付けるミニ財布のアイデアを
思いついたのです。

そのアイデアを思いついたことで、
ジョギングをしている人たちは鍵や現金を持ちながら、
ジョギングを楽しめるようになりました。

そうして、この商品はスポーツ用品業界の
「今年注目の新商品」の一つに選ばれ、
雑誌でも紹介されるぐらいの人気商品となったのです。

問題解決ができれば、人は気前よくお金を払ってくれる

私が販売した財布は
ジョギングをしている人たちが抱える問題を
解決できたから人気が出たのです。

きっとあなたも、自分の抱えている問題を解決してくれる商品なら
進んでお金を払うのではないでしょうか?

例えば、病院でお医者さんに診察をしてもらったとき。

「お薬出しておきますね」と言われ、

「その薬はいくらですか?」と聞いたことがあるでしょうか?

恐らく、そんなことは聞かず
「はい。お願いします。」と一言伝え、
薬をもらいお金を支払うのではないでしょうか。

これは、病気はあなたにとって大きな問題であり
それを「解決したい」という思いが強いからだと思います。

ビジネスでも同じです。

「相手が解決したい」と思う問題を発見し
それに合わせた商品・サービスを
販売していくことが大切です。

そして、その問題が大きければ大きいほど
あなたの商品は飛ぶように売れ、
ビジネスを成功させることができるでしょう。

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

メールマガジンカテゴリの最新記事