ここに3つの選択肢があります…

ここに3つの選択肢があります…

ここに3つの選択肢があります…

あなたは何のために働いてお金を稼いでいますか?

金持ち父さんは、働いてお金を稼ぐ理由は3つあると言っています。

  1. 安定のため
  2. 安心を得るため
  3. 経済的に豊かになるため

そして、「お金持ちになる人となれない人の違い」は
この3つの優先順位によって決まると言っています。

多くの人は、まずは「安定」、次に「安心」、最後に「経済的な豊かさ」
を求めて働き、お金を稼いでいます。

しかし、「安定」と「安心」だけを求めて
本当に幸せになれるでしょうか?

「安定」と「安心」だけでは幸せになれない理由

よく「お金が全てではない。お金があっても幸せにはなれない。」

といった言葉を耳にしますが、本当にそうなのでしょうか?

貧乏父さんはいつも「安定」を優先していました。

貧乏父さんにとって最も重要なことは
良い仕事に就き、安定して給料がもらえることでした。

彼は自分が失業するまでは、
雇用の安定が経済的な安定を意味すると
思い込んでいたのです。

その結果、何年もの間クレジットカードの支払いや
悪い借金の返済に苦しみ、お金に苦労をしたまま一生を終えることになりました。

これが幸せな人生だったと言えるでしょうか?

一方、金持ち父さんは「安定」よりも「経済的に豊かであること」を優先していました。

そのため、一般的にはリスクが高いと思われている
起業をしたり、投資をすることで
自分の資産をどんどん築いていきました。

そうすることで、自分が働かなくても生活できるぐらい
たくさんのお金を手に入れ、一生を終えることができました。

「お金が全てではない。お金があっても幸せになれない」
という言葉を私もよく耳にしますが、
私はそれを理解できません。

確かにその言葉にも一理あるのですが、
お金があるといい気分になるのは間違いありません。

例えば、私は先日、ジーンズのポケットに
入れた覚えのない10ドル札が入っていることに
気がついたのですが、

たった10ドル札を見つけただけでも
とてもいい気分になりました。

小さなことかもしれませんが、
お金があるといい気分になれるというのは間違いないでしょう。

では、どうして「お金が全てではない。お金があっても幸せにはなれない。」
と考えてしまうのでしょうか?

それはお金を持っていない人が
自分を慰めるためではないでしょうか?

そして、お金持ちになるための行動を起こそうとしないのです。

「お金持ち」になるためには、
「安定」「安心」ばかり求めてはいけない

私は幼い頃に
「お金持ちになるためには不安や心配に感じることを避けてはいけない」
ということを理解しました。

「お金持ちになりたい。
ただ、安心や安定を犠牲にしたくない」

と思いたくなるのもわかりますが、
それはなかなか難しい話です。

というのも、世の中に「お金持ち」
と言える人は何人いるでしょうか?

仮に年収1,000万円以上がお金持ちであるとすれば、
その数は給与所得者のうち4.8%*しかいません。

この金額がさらに高くなり1億円以上ともなれば、
わずか0.034%*しかいないのです。

*日本国内の割合。

これだけお金持ちである人が少ないにも関わらず、
「安定」「安心」を求めて、
他の人と同じことをしていて
お金持ちになれるでしょうか?

あなたにとって本当の幸せとは?

もし今までの話を聞いて、

「自分は本当に幸せなのか?」
「何かを変えていかないといけないのでは?」

と思ったら…

もう一度、あなたにとって本当の幸せとは何か?
を考えてみてください。

その中で、「安定」「安心」「経済的豊かさ」の
どれを優先したいのかを考えましょう。

忙しい日々の中では、このようなことを考える時間を作れていないでしょうから、

自分と向き合う時間を作ってみてもいいかもしれません。

自分が本当に優先したいことが分かれば、
「あなたにとっての幸せ」に
一歩近づくことができるでしょう。

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

P.S
ロバート・キヨサキは
経済的に豊かになるためには、

クワドラントのB(ビジネスオーナー)かI(投資家)
になる必要があると言っています。

とはいえ「金持ち父さん、貧乏父さん」の本を読んでも
何を具体的にしていけばいいか分からない…

とあなたは思っているかもしれません。
もし、そう思っているのなら…

こちらをオススメします。

メールマガジンカテゴリの最新記事