安定思考が危険な理由

安定思考が危険な理由

私が詐欺と呼ぶ考えの一つに「良い仕事につくことで身の安全を守ることができる」というものがあります。

多くの人が、投資と起業はリスクの高いものと見なしています。しかし、実際には、従業員であることの方が、危険な状態なのです

パンデミックの影響で数百万人が失業しています。
もしかするとあなたやあなたの大切な人までもが仕事を失っているかもしれません。

しかし、経済には奇妙な現象が起きています。
残念な真実は、何百万人もの人々が失業し生活費を稼ぐのに苦労しているにもかかわらず、金持ちはより豊かになっているということです。

起業家や事業主は、最終収益をコントロールできるので、記録的な利益を得ることができます。
今回、彼らは人員削減や一時解雇をすることによってそれを実現しました。

すでにこれだけの利益を出しながら、彼らが現金をため込んで、人員削減を選んでいることは残念なことです。しかし、それが国や経済にとって正しいことであるかどうかに関わらず、それは彼らの権利となっているのです。
貧富の差は拡大し、中間層は縮小しています。

強いて言えば、この景気低迷は、コントロールすることの重要性を証明しています。従業員として、あなたは何もコントロールできません。あなたは上司と会社の言いなりです。このパンデミックの間、もはや高い給料でさえも安全を意味しないことに、多くの従業員は気づきました。

もしあなたが失業した数百万人のうちの一人でも、そうでなくても…
私からのアドバイスは、唯一の収入源を他人に頼らないですむ方法をこの期間に考えるということです。

成功した人を見てこう思ったことはありませんか?「私にもそれができたら良いのに。でも、私には優れた才能も頭脳もないし、裕福でもないし、見た目も運も良くないからできるわけがない。」

私たちはよく、成功を収めた人には、自分にはない並外れた力や運が与えられていると考えます。あなたの思考がこの考え方に従っていることに気づいたら、次の言葉について考えてみてください。

「人生に落胆することはない。今いるところに到達したすべての人は、かつていたところから始めなければならなかった。」
リチャード・エヴァンズ

少しの間じっくり考えてみてください。最も成功している人たちでさえも、試練から始まっているのです。不利な状況であっても、試練を乗り越えて目標達成することが、彼らを成功へと駆り立てるのです。

しかし、達成できない理由の言い訳を受け入れてしまう人は、その思考が自己達成的予言になってしまいます。

夢は重要であり、追求する価値があります。
言い訳のマインドセットではなく、創造的なマインドセットにすれば夢を実現することができます。

「私にはできない。」と言うのではなく、「どうすれば私にそれができるか?」と自分自身に尋ねましょう。このシンプルな思考の変化が、新しいアイデアと新しい可能性に対してあなたの世界を開くのです。

こう考えてみましょう。
あなたが昨年失業を経験した数百万人の一人であれば、セカンドチャンスに挑戦できます。

人生のセカンドチャンスには、多くの人には見えないものを見る勇気が必要です。

セカンドチャンスを掴むには、自己肯定感、自信、達成感、他者への敬意だけでなく、他者からの尊敬を得ることが必要です。

自己肯定感を持つには勇気が必要です。
ですが、勇気は脳から生まれるものではありません。心から生まれます。

世の中は高学歴の「頭脳」を持った人たちで溢れていますが、彼らは未知の世界に踏み出す勇気やリスクを冒す勇気を持ち合わせていません。

セカンドチャンスには、脳が見ているものと心が見ているものの違いを知ることが必要です。

セカンドチャンスとは、行動を起こし、ミスをして、軌道修正し、成功するまで失敗から立ち直ることなのです。

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

メールマガジンカテゴリの最新記事