ほとんどの人が間違えること

ほとんどの人が間違えること

ほとんどの人が間違えること

私が人生で初めて収益をあげられた物件は、ハワイのマウイ島のコンドミニアムでした。

この物件は私が住む島と別の島にあったので、
何か問題が発生すると、仕事を休んで空港まで車を走らせ、
飛行機に乗り、レンタカーを借りて、1時間かけて物件まで行き、
問題に対処し、急いで帰宅し、その日1日の業務を犠牲にしました。

それは高くつきました。

今でこそ遠方の物件でも対応できるようになりましたが、最初は、自宅から車で1時間以内のできるだけ近くの物件を探すべきでした。

各物件には新たな教訓がつきものです。焦ることなく、少なくとも10件を購入した後に、活動範囲を拡大し始めればよいのです。

私が口を酸っぱくして言いたいことは、
不動産投資は、小規模で、身近な所から始めるべきだということです。

最初の取引には、多くの時間と少しのお金を投資しましょう。

ほとんどの人は逆のことをします。

人々は、非常に少ない時間と多くのお金を投資して、なぜ損をするのか不思議に思うのです!

あなたがまだ学習途中でしたら、リスクは小さく抑えたいですね。

ここで、あなたの最初の不動産取引を近い場所でするべき3つの理由をご紹介します。

#1 そのエリアで直接得た知識

不動産投資家の賢い戦略の一つとして、投資しているエリアの実情を正確に把握しておくことが挙げられます。

これによって
そのエリアの家賃相場の上昇や下落、
企業や店舗の流出入、
地価の状況、
そしてエリアの全体的な傾向が増加または減少しているかについての重要な洞察を得ることができます。

これを実現させる最高の方法の一つは、あなたが個人的に狙いを定めたエリアを調査することです。
あなたが検討している近隣を、定期的にジョギング、散歩、またはドライブしてください。常に変化に注意し、売り出し中の看板には特に注意を払ってください。

どのくらいのスピードで、それが上昇して下落するのか?
最も人気のあるエージェントは誰か?
そのエリアの住人に話しかけて、質問してください。彼らの答えに驚くかもしれません。

こうすることで、価値のある物件やエリアなのかをすぐに判断でき、ライバルより先に行動を起こして優位に立つことができます。長期的には貴重な時間とお金を大幅に節約でき、頭痛の種も軽減できるのです。

この手の情報は仲介業者に頼ればよいと思っている人たちもいます。あなたの知人でもあり信頼のおける仲介業者がいて、あなた自身がそのエリアと物件を確認できるのであれば、ある程度は仲介業者に頼ることも可能です。

ですが、覚えておいてください。
仲介業者の仕事は、あなたに物件を販売することなので、彼らの発言すべてを批判的な目で見なければなりません。それには経験が必要です。

次なる「人気のある市場」への進出を考える前に、地元の専門家になってください。

#2 合理的な検索

もしも他の都市には常により良い取引があると考えているならば、あなたは国内や世界中の何百もの潜在的な物件を追いかけることにすべての時間を費やすことになるでしょう。これは大変厄介なことです。なぜなら、あなたは文字通り地図上のあちこちに注意を払わなければならないのですから。

そして、その間に、ちょうど数マイル離れたあなたの目と鼻の先にあるお得な取引情報を逃すことになるでしょう。

他の場所にお得な情報はありますか?もちろんあります!しかし、地元近くの重要なエリアのいくつかに集中し、お金をほとんどかけずに地元の専門家になれば、すぐそばに存在するお得な情報の数に驚くことでしょう。

そして、さらに小さなエリアの1つに集中し続けることで、あなたはチャンスをいち早く知ることができるのです。

#3 より賢い問題解決

こちらは応用編です。
意図的に問題物件を購入することは、必ずしも悪いことではないのです。実際には、その投資が結果的に儲かる理由になり得るのです。

期待できる最適な物件の1つとして、誰も購入しようとしない問題のある物件です。その問題の解決方法がわかれば、その物件の価値は一瞬で上昇します。

私のお気に入りの例の一つは、キムと私がアリゾナ州フェニックスで、37%というかなり高い空室率のアパートを見つけた時のことです。普通は誰もこんな物件に手を出さないでしょう。

しかし、私たちは次のような質問をしました。「どうすればこの問題を解決できるだろうか?」

その物件はホテルとして運営されていることがわかりました。1週間から1年までであれば、だれでもその家具付きアパートを借りることができます。

問題の一つとして、夏場のフェニックスには誰も来たがらないので、夏の間はほとんどの住戸が空室になることでした。

私たちはリサーチをして、この物件を短期の賃貸ホテルから通常の長期賃貸アパートに替えました。
空室率は37%から3%になり、物件の価値が急上昇しました。
私たちはキャッシュフローとキャピタルゲインの両方において勝利を収めたのです!

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

メールマガジンカテゴリの最新記事