税金で損をしていませんか?

税金で損をしていませんか?

税金で損をしていませんか?

学校での授業をしっかり聞いていたら、アメリカの本当の始まりは1773年のボストン茶会事件だったことを学んだでしょう。

アメリカは税金への反乱がきっかけで建国されました。
紅茶に税金を支払うのに疲れた愛国者たちが、海に紅茶を投棄しました。
これが結局、1776年の独立戦争につながりました。

いつの間にこんなに多くの人々が納税に惚れ込んでしまったのかわかりませんが、
現実にはできるだけ税金を払わないことがアメリカのDNAなのです。

納税は愛国的ではありません。
税金は泥棒です。

金持ちが税金を嫌う理由は、官僚にお金を渡しても彼らはそれを使うだけだからです。

というのも、政府の指導者たちは、税法を活用することによって、人々や企業が彼らの希望に応えてくれることを知っています。
税法に見られる多くの控除と優遇措置は、まさに政府が、あなたにそれらをうまく利用してほしいからなのです。

例えば、政府は安価な住宅供給を望んでいます。
このため、手頃な価格の住宅用の税額控除が多数あり、
住宅開発業者や投資家が利用できるようになっています。

税法をうまく活用する人間や企業が、より低い税率もしくはゼロ税率負担で報いるというようなシナリオが多く存在しますね。

中間層と貧困層が収入に対して多くの税金を払っている一方で、
金持ちが納税を回避できるのは不当だとあなたも思うでしょう…

私も同感です。
しかし、私の父や、おそらくあなたの父親も言ったように、
「人生とは不公平である」のです。

ですが、人はいつからでも変化することができます。
お金の教育を受ければ、知識が増えてリスクが減ります。

税金はその好例です。
税金に関する知識が増えると、罰金が発生するリスクが減るのと同様に、
税金を過払いするリスクも減るのです。

例えば不動産投資をすることにより様々な税金を抑えることができます。

あなたが誰であろうと、税金はあなたにとって最大の単一支出のはずです。

さまざまな種類の所得に対し、どのように課税されるのか学びましょう。
そして税金を払いすぎないよう、投資家として生きるための知識を今日からつけましょう。

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

【編集部からあなたへのおすすめ】
不労所得を築きたいなら、
投資で成功するための考え方を学びませんか?

続きはこちら

メールマガジンカテゴリの最新記事