不動産投資初心者のための5つの賢いヒント

不動産投資初心者のための5つの賢いヒント

トランプ大統領は、不動産で富と名声を手にしました。

彼はある時、このように言いました。「私からすると不動産は有形で、手堅く、美しく、芸術的だ。私はとにかく不動産が大好きだ。」

彼の政治をどう思っていようと、彼を評価しなければなりません。彼は確かに不動産投資のすべてのメリットとデメリットを理解して、巧みに使いこなす方法を身につけています。

私も不動産のことをよく知っているし、大好きです。妻のキムと私は1980年代後半に小さな投資として、一戸建て住宅への投資を始めました。その後、より大きな物件に投資する準備が整うとすぐに、6部屋あるアパートを購入しました。

今や、私たちは1,000部屋以上のアパートを所有しています。

私たちは小さくスタートし、時間と共に成長していきました。

私が知っている成功した不動産投資家たちのほとんど全員もまた、小さくスタートさせています。

誤解のないようにお伝えすると、私の言う不動産は、一戸建て住宅、メゾネット、3階建て住居、アパート、オフィスビル、小売店、ショッピングセンター、保管施設、倉庫、トレーラーハウスなど、プラスのキャッシュフローを生み出す賃貸不動産のことを指しています。一般的な住宅以外にも、投資の対象となる選択肢がたくさんあるということを知っておくことが重要です。

あなたが学ぶべきことはたくさんあります。

それは、「間違いを犯す」ということです。

それもすべて、プロセスの一部です。始めのうちは、少額のお金で小規模の物件で間違えた方がずっと気楽です。

初めて不動産に投資をする場合、あなたがするべきことは次の5つです。

市場を選ぶ

不動産市場がなくなることはないでしょう。文明世界では、土地・建物は食料、衣服、エネルギー、水と同じくらい必要不可欠なものです。不動産投資家たちは、人々がこの不可欠なものをお手ごろな価格で利用し続けるために、欠かせない存在となっています。

不動産に参入し、成功する方法はたくさんあります。ほとんどの人にとっての唯一の不動産は、彼らが普段利用する地域の不動産(住居、オフィス、店舗など)です。

成功の見込みがある地域から目を離さないようにしましょう。

その地域に新しいお店や高級店はありませんか?

新しいオフィスビルが建設されたり、企業が移転してきたりしていませんか?

これらは、近辺が発展してきている、あるいは、需要があるというサインである可能性が高く、好景気な市場に最初からいきなり参加できるかもしれません。

物件を選ぶ

これは本当のことなのですが、不動産を探すうえで最適な方法の1つは、ある問題が原因で入居者が立ち去った物件です。その問題を解決する方法さえ分かれば、物件の価値をすぐに高めることができます。

私のお気に入りの例を1つ紹介しましょう。妻のキムと私はアリゾナ州のフェニックスにある、「37%」と非常に高い空室率のアパートを見つけました。

誰もその物件には手を出しませんでした。しかし、私たちは次のように考えたのです。

「この問題は、どうすれば解決できるだろう?」

この物件は当時、家具付きの部屋を1週間から1年の間、借りることができるホテルとして、経営されていたことが分かりました。

問題は、それほど小さなものではありませんでした。夏にフェニックスに行きたがる人が誰もいないため、その期間はほとんどの部屋が空室になっていました。

手短に話すと、その後私たちは調査をして、物件を短期のレンタルホテルから通常の長期の賃貸アパートに切り替えました。空室率は37%から3%になり、物件の価値は急上昇。私たちはキャッシュフローとキャピタルゲインの両方で成功を収めたのです!

金持ち父さんが「心で考えるのではない。計算して考えるんだ」と、よく言っていたように、投資を決めた物件がある地域について理解し、あなたの求めているものが明確になったら、その物件に関する数字を注意深く追い続けてください。数字は必ずと言ってよいほど、それが良い取引だったかどうかということを教えてくれます。

特に不動産を始めたての頃は、実際に外に出て、自分の目で物件を見つける以外に方法はありません。これは、参入している市場の臨場感を体感し、活用できる可能性がある動向をつかむためのベストな方法です。

チームを作り上げる

あなたは、おそらくこんな言葉を聞いたことがあるでしょう。

「何を知っているかでなく、誰を知っているかだ」

仕事やクライアントを見つける1番の方法が人とのネットワークであるという理由は、このことわざを前提としており、それは、金持ち父さんの主要な原則となっています。

金持ち父さんは「ビジネスと投資はチームスポーツだ」と教えてくれました。キャッシュフロー・クワドラントの左側に属するEとSの人たちは、もともと単独的かつ自立的に活動します。報酬は自分の努力次第です。しかし、BとIの人たちはもともと、個人よりもはるかに多くのことが達成できる「チームの力」を、十分に利用します。

以下は、あなたの投資チームに加えることをお勧めするアドバイザーと専門家の代表的なリストです。

  1. 不動産業者:不動産業者は、不動産市場の情報源で、チームには必要不可欠な役割です。彼らは動向を知り、複数のパターンや市場を理解しています。さらに、あなたが必要としている情報を入手し、取引のヒントを与えてくれます。
  2. その取引は長期的投資戦略に対してどれくらいフィットしていたのか?
  3. 弁護士:不動産業の法律に詳しく、不動産トラブルに強い弁護士を選ぶこと。
  4. 経理事務員:経理事務員は、日々の帳簿や記録の監視と管理を助けてくれる、持つべき貴重な要員です。これらのことを最初は自分ですることを選ぶかもしれませんが、本来なら投資活動に当てるべき貴重な時間を、投資家がこれらの管理業務に費やしてしまっていることに気付くことがよくあります。経理事務員を雇うことは、貴重な時間はもちろん、正確な会計をするための投資であり、それだけの価値が十分にあります。
  5. 税理士:彼らは税金に関する法律だけでなく、不動産投資につきまとう税務上の影響と抜け道も知っています。優れた税理士はあなたのチームになくてはならない一員です。
  6. 保険代理店:物件のリスクと負債をカバーする補償のある保険に確実に入るためには、損害保険に強い代理店を探す必要があるでしょう。
  7. 管理会社:特に最初の物件に投資する場合、多くの人が自分の物件管理をしますが、管理会社に任せることは、多くの時間とお金の節約になる賢い投資です。

資金調達 

不動産の大きなメリットの1つは、もちろん「レバレッジ」です。これは、他人のお金を利用して、自分のお金を稼ぐことを指します。

そして、すべては、契約する物件の取引にかかる資金をどのように調達するかというところから始まります。不動産投資の資金調達は、貸し手との交渉、金利の比較、ローンの申し込みに必要なすべての書類をまとめる…など、一見、非常に難しいことのように思うかもしれません。

実際に貸し手に連絡するときに、行動する準備が整っており、迅速に行動に移すために、いくつかの基本的な調査を行いましょう。あなたの努力がもたらすより深い知識は、成功する可能性を高めてくれるでしょう。

ローンとそのプロセスについて学ぶことは、あなたのファイナンシャル・リテラシーの一部になるのです。真剣に受けとめ、早く実行することを強くお勧めします! 

メンターを見つける

あなたのチームの他のメンバーと同様に、メンターは税理士や弁護士と同じくらい重要です。

メンターとは通常、あなたが実際に行っていることや達成したいことについて、多くの経験と成功を収めている人を指します。彼らは、道中であなたを導く信頼できる人。あなたが求めていることで成功しているため、経験を通じて、あなたのすることに対して寄り添うことができるのです。

不動産での成功には必要不可欠なメンター。

私にとってのメンターとは、人生において何が大切で、何が大切でないかを教えてくれる人です。

金持ち父さんは、いつも私にコーチかメンターを見つけるように勧めていました。

「プロにはコーチがついているが、アマチュアにはいない」と常に言っていました。

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

メールマガジンカテゴリの最新記事