10年ぶりの姿に驚きました…

10年ぶりの姿に驚きました…

10年ぶりの姿に驚きました…

コウメ太夫って覚えてますか?

着物、白塗りメイク、ゴム製かつらという姿で、
「チクショー!!!」のギャグでお馴染みのお笑い芸人の。

「そんな芸人いたなぁ〜」

って思ったかもしれませんが、
この間、休みの日に久しぶりにYouTubeを見ていると、
そのコウメ太夫が出ていたんです。

「なつかしっ!まだ出てるんや!」

と思って見ていたのですが、
久しぶりに見ると、芸も少しレベルアップしていてなかなか面白かったんです。

「エンタの神様」というお笑い番組でブレイクし、
「チクショー!!!」というギャグで人気を博していたコウメ太夫ですが、、、

ちょうど10年ぐらい前に売れなくなってから、一発屋芸人と呼ばれ、
僕はそこからあまりお笑い番組を見なくなったので、
YouTubeで見た時は、「なつかしっ!」と思いつつ、
「ブレイクした時に稼いだお金も使い果たして、苦しい生活をしているんだろうな〜」と思っていたんです。
(実際、そんな話よく聞きますよね^^;)

そんなコウメ太夫。
実際、芸人としての給料が900円(月の給料です^^;)しかない時期もあったようですが、
実は全然生活に困っていなかったそうなんです。

彼がなぜ困っていなかったかというと、、、

実は、不動産投資の家賃収入が月26万円あったからなんです!

あの「コウメ太夫」のイメージがあったので、
僕的にはそのギャップに結構ビックリしました。

あんな滑稽なネタをしていた裏で、意外にもちゃっかり堅実に資産形成をしていたんだなと。笑

どうやら、ちょうど仕事が激減した頃、
ブレイクした時に貯めたお金を頭金にして、5,000万円で新築アパートを購入。
ローン返済や管理手数料などを差し引いた毎月の家賃収入は26万円。
大家としての仕事はたまに建物の見回りに行って、外を軽く掃除するくらい。

絵に描いたような不労所得ですね…

しかも、リーマンショック後の割安な時期に購入したこともあり、売却価格は現在6,000万円ほどに値上がりしているようです。

貯金を使い果たして、貧乏に戻ってしまうのはよく聞く話ですが、
コウメ太夫は、その貯金を不動産投資にまわして、毎月の安定した収入を得ていました。

皮肉にも、本業の芸人としては安定しませんでしたが、
不動産投資では安定していたんですね…

ちゃっかり、ロバート・キヨサキのいう「資産」を手に入れ、I(投資家)クワドラントに属していたコウメ太夫。

もしかしたらあなたの周りでも「意外なあの人」が、ひそかに資産を何倍にも増やしているかもしれませんね…

工藤 雅博

【編集部からあなたへのおすすめ】
コウメ太夫さんは、たまたまリーマンショック後に物件を安く買えたので、現在値上がりしていますが、実は、そんなことに関係なく、物件を安く買って高く売る方法があります。

そんな方法を知れるリッチダッドレターのお試しはこちらから

ニュースレターをお試しする(30日間返金保証付き)

メールマガジンカテゴリの最新記事