貧乏人になる車の買い方

貧乏人になる車の買い方

突然ですが、
あなたは車を買うとき、どうやって選びますか?

「色で選ぶ!」
「乗り心地で選ぶ!」
「走行性能で選ぶ!」
「とにかく外車が良い!」
「メーカーで選ぶ!」

などなど、色々あるかもしれません。

もしくは、「乗れたらなんでもいい」って思う人もいるかもしれません。

なんでこんなことを聞いたのかと言うと、

実は、この選び方によって、
知らない間に「貧乏人」になっている可能性があるからなんです。

どういうことかと言うと…

ほとんどの人は車を「乗るため」だけのものだと思っています。

つまり、はじめに聞いたような

「色で選ぶ!」
「乗り心地で選ぶ!」
「走行性能で選ぶ!」
「とにかく外車が良い!」
「メーカーで選ぶ!」

という視点で車を選ぶんです。

「いや、当たり前だろ!」って思うかもしれませんが、

一方で、ある人は「乗るため」だけではなく、「資産価値として残る」ものを買っているんです。

「資産」って言うと、フェラーリやランボルギーニとか数千万円もする高級車を思い浮かべてしまうかもしれませんが、
そんなことはありません。

例えば、

トヨタのアルファードっていう車は知っていますか?こんな車です↓

(引用:トヨタ自動車WEBサイトhttps://toyota.jp/alphard/)

この車は、ガソリン車だと4万〜5万キロ乗ったとしても新車より高くで売れることが結構あるそうです。

なんでそうなるのかと言うと、海外でめちゃめちゃ人気があるからなんです。

一方で、これがハイブリッド車になると20%ぐらい値下がってしまいます。
これは、海外では壊れた時などに修理できる環境が整っていなかったりするから、ガソリン車の方が高く売れるらしいです。
(20%でも価値としてはかなり残っているほうですが。)

こんな風に、同じ車を買っても、
ある人は「資産」になるし、ある人は「負債」になります。

もちろん多少の損をしても、「乗りたい車を乗る!」という人もいると思います。
乗りたくない車に乗っても仕方ないですからね^^;

それでも「資産」としての視点を持っておけば、意外とあんまりこだわっていないところで
大きなお金のチャンスを見つけることができるかもしれません…

「金持ちは資産を買って、貧乏人は負債を買う」by ロバート・キヨサキ

あなたは「資産」と「負債」どっちを買いますか?

P.S.
僕は車が好きなんですが、社会人になりたての頃、結構無理をして車を買いました。
もう手放したんですが、ローンを払い、売るときもかなり損をしてしまい
最悪な「負債」でした。もっと前に気づいておけば…

P.P.S
もしあなたが、究極の投資家になり、莫大な個人資産を築く方法を知りたいなら
このウェブセミナーを見てみませんか?

無料ウェブセミナーはこちらから

メールマガジンカテゴリの最新記事