リーマンショックを超えた?

リーマンショックを超えた?

最近のニュースについて、思ったことがあります。

ニュースはこれ

冬のボーナスは軒並み激減。

<冬のボーナスカットが報道された企業>

ANA 100%減・・・冬のボーナス全額カットを含む年収約3割減。

スカイマーク 100%減・・・夏のボーナスに続き、冬のボーナスも見送り。

JTB 100%減・・・約1万3000人の社員に対し、冬のボーナスを支給しないことを通知。

オリエンタルランド 70%減・・・4000人いる正社員と嘱託社員を対象に、冬のボーナスの7割カットを決定。

JR西日本 45%減・・・2.69か月分で合意していた冬のボーナスを1.5か月分に引き下げ。平均35万~40万円の減額。

これをみて、「大企業でもこんなにカットされるんや…」と思いました。

コロナの影響によるものなので、航空や鉄道系の業界の減少幅が大きく、クローズアップされていますが、
これ以外の多くの企業でも冬のボーナスがカットされる見通しです。

子どもの教育費とか家のローンとか車のローンとか生活費とか…
いろいろな出費があるなかで、ボーナスがカットされるのは、相当大変なことだと思います。

でも、、、1年前はまさかこんなことになるなんて、思いもしませんでしたよね。

今回は、11年前のリーマンショックの時以上の減少幅になるとの予測もあるようですが、何があるか分からない時代、
会社だけに頼ってしまうと、収入がいつ大きく減ってしまってもおかしくありません。

だからこそ、
リスクヘッジも含めて、他の収入源を持っておくことが重要なんだなと改めて思いました。

そんなことを痛感した僕ですが、、、

僕もつい2年ぐらい前まで、そんなことはほとんど考えたことがありませんでした。

というのも僕は以前、それなりに安定した仕事に就いていて、
「うちは大丈夫だろう。そんなすぐに給料を減らされることはないだろう」
と完全に「たかをくくって」、収入源を働き先だけに頼っていたからです。

だから、他の収入源を持っておかないと、やばいんじゃないかとか、
そんなことは、僕含め、周りの同僚もほとんど思っていませんでした。

いざ、自分に実感として降りかかってこないと行動には移そうと思わない。
まさにそんな状態だったんです。

(幸い僕は、そんなタイミングで今の会社に出会い、その重要さを知って行動に移すことができたので、よかったです^^。今も前の職場で何も考えていないことを思うと、ゾッとします…)

でも、今回のコロナのことでもそうですが、
実感として降りかかってきた頃には、既に手遅れ、という場合もあります。

例えば、その時に「子どもが大学に通っていたら…」「住宅ローンの支払いがまだまだ残っていたら…」
どうでしょうか?

そうなる前に早く別の収入源をつくっておくに越したことはありません。
1年後ですら何が起きるかわからないんですから…

その一つの手段としての「投資」なんですが、
早く始めるべき理由について、ロバート・キヨサキは4つ挙げています。

  • 投資は複利効果が大きいので、なるべく長い時間の方が有利だから
  • 投資は実践と経験が必要で、そのためにはある程度の時間が必要だから
  • もし失敗してもリカバリーできるから
  • 若い時は働いて稼ぐことができるが、高齢になってくると稼ぐ額よりも使う額の方が大きくなってくるから

始めるのが、遅くなればなるほど、リスクがどんどん大きくなっていきますし、
効果は小さくなっていきます。

決して煽るわけではありませんが、
数年後を見た時に、行動した人と何もしていない人の間には、大きな差が開いています。

是非、あなたには前者になってもらいたいなと思います^^

さて、あなたはこの1週間どう過ごしますか?

P.S.
もし、「このまま会社だけの収入に頼っていいんだろうか」と思いつつも
「何から始めていいか分からない」と思っているなら、、、

この本を”無料”で読んでみませんか?

メールマガジンカテゴリの最新記事