”人々のお金”の行く先

”人々のお金”の行く先

歴史上「お金」には様々なものがありました。
貝殻、色付きのビーズ、羽、生きた動物、大きな石・・・

今日、貨幣には3つの種類があります。

– 神のお金:金や銀
– 政府のお金:ドル、ユーロ、円など
– 人々のお金:ビットコイン、イーサリアムなど

政府のお金を発行する中央銀行は「支配的なエリート」によって運営されています。

中央銀行は、金や銀を発行することができないため、神のお金を好みません。
同様にビットコインやブロックチェーンも好みません。

なぜなら人々のお金は中央銀行を必要としないからです。

ビットコインが登場したのは2009年、
ちょうど銀行システムが崩壊の危機にあった時でした。

暗号通貨とブロックチェーン技術の大きなメリットは以下の通りです。
・銀行システムの外での信頼性と安全性
・透明性と検証可能性

ビットコインは完全に分散化されており、誰も市場を操作することができません。
毎日どれだけの取引量があり、どれだけの量が生産されているかを正確に知ることができます。

現在、米ドルはインフレ圧力の高まりを受けています。
一方のビットコインは、段階的な供給の制限により、入手はどんどん困難になっていきます。

これは、FRB(アメリカの中央銀行制度)が数兆ドルを発行することとは逆の、一種の「量的強化」です。

今後は政府のお金ではなく、ビットコインや他の暗号資産など
“人々のお金”の価値がさらに上昇する可能性があります。
それはなぜでしょう?

人々のお金は、「支配的なエリート」がコントロールする政府のお金のように、インフレにより突然価値がなくなることはないからです。
お金について学べば、世界を見る目が変わります。

2021年までに、1ビットコイン あたり100,000ドル(約1049万円)に達すると予測している専門家もいます。

もちろん未来のことはわかりませんが、ね。

私は暗号通貨について非常に多くの意見を聞いてきました。

ウォーレンバフェットはビットコインには触れない、とか。
レイ・ダリオや私の親友であるジム・リッカーズは、ビットコインに懐疑的です。

しかし、私は1つのことに気づきました・・・

彼らは全員老人なのです。

あなたには何度かお伝えしていますが、コインに3つの側面があります。

コインの片側には、ビットコインや暗号通貨を考慮しようとさえしない「古い」人たちがいます。
コインの反対側には、銀行システムを信頼せず、暗号通貨のみに投資することを選んだ若い人たちがいます。

私の仕事は、コインの縁に立ち、

最先端の情報を手に入れ、冷静に双方が持っている知識を身に付けること。

そして適切な時期に行動し、利益を得られるようにすることです。

私個人としては、政府のお金を信用していません。

そして、自分自身も信用していません。
私はすべてを知っているわけではないことを知っているからです。

私はすべての答えなど持っていません。
未来を予測することはできませんが、将来に備えなければならないことはわかっています。

Robert Kiyosaki
ロバート・キヨサキ

【編集部からあなたへのおすすめ】
未来のことは誰にもわかりません。
でも、お金のことを本気で学ぶという「今」を選ぶことはできます。
そのための一歩は、案外簡単に踏み出すことができます。
こちらからお試しください。

こちらをクリックして一歩を踏み出す

メールマガジンカテゴリの最新記事