自分専用の年金をつくろう

自分専用の年金をつくろう

自分専用の年金をつくろう

こんにちは。

金持ち父さん 菅野 ゆずるです。

金融庁が令和元年6月3日に発表した

「金融審議会市場ワーキンググループ報告」

に記載されていた「老後2000万円問題」

今後、20~30年もの老後を生きるのに、
年金収入のみに頼った無職の夫婦2人世帯では、
年金以外に約2000万円が必要という内容です。

今後は、少子高齢化で年金の受給額の減少や支給年齢が上がる
(75歳からなんて話まで出ています)可能性が高いです。

もし、本当にそうなってしまったら、
一生働き続けなければならなくなるかもしれません。
(働けるならまだマシですが、
働けなくなったら・・・)

でも、今から不動産投資を始めておいて、
年金支給前に銀行からの借入を完済してしまえば
その後の家賃収入はまるまる自分専用の年金として使えるのです。

しかも、ほぼ半永久的に毎月、あなたの銀行口座に
安定した家賃収入が振り込まれるんです。

年金がもらえてももらえなくても生活できる、
そんな老後の安心を得たい方はこちら

不動産投資で自分専用の年金をつくりたい

PS
私は将来いくらもらえるのか、いつからもらえるのか
わからない年金に頼るより、
実態のはっきりしている不動産からの収入の方が
はるかに安心して頼りにできると感じています。
PPS
ロバート・キヨサキさんの
「世界一スパルタなお金の授業」は
もう受けましたか?

こちら

かなり辛口ですが、その通りだと思います笑

メールマガジンカテゴリの最新記事