健康、富、幸福の関係

健康、富、幸福の関係

健康、富、幸福の関係

健康、富、幸福はどうやってもたらされるのでしょうか?それは、成功さえすれば実現するのでしょうか?

貧乏父さんは成功を収めた人でした。

彼は博士号を取得し、とても尊敬されていて、高い地位まで上り詰めた人でした。

しかし、健康状態は悪く、富もほとんどなく、幸せな時間もあまりありませんでした。

1日に吸うタバコの量は2箱。最後は肺癌で亡くなりました。

彼は、公務員としては多くのお金を稼ぎましたが、一度も投資をしたことはありません。自分の成功には満足せず、「もっともっと出世しなければ」と心で思っていました。

健康·富·幸福

健康は主に食事や運動について、富は主に稼ぐことや投資についてです。

しかし、幸福はその2つに比べると、イメージが掴みにくいですよね。

プラス思考で考えるべきなのはわかっていますが、現実思考ではなく、プラス思考で考えてしまうと、かえって悲劇的な結果を招いてしまうことがあります。

例えば、もし、あなたがお金に関して何も知らない状態のときに、プラス思考で物事を進めてしまうと、破綻するまで突き進んでしまうことになります。

健康においても、プラス思考だからといって、痩せることはないでしょう。

結局のところ、幸福を追い求めてばかりいると、健康と富に関して何かしらの問題を引き起こしてしまうのです。

多くの人は、幸福感を得たいがために飲み食いに走り、結果、太り過ぎてしまいます。

他には、クレジットカードの利用制限枠まで使い切るほど、買い物に夢中になる人もいます。

幸福であることに関するトピックや幸福をもたらす要因については、多くの本で取り上げられています。

特に、起業家を幸福にし、健康的で豊かな生活を送れるようにする要因の一つが「自分自身をコントロールすること」です。

たとえ、やりたくないことでも、やるべきことをするために自分自身をコントロールすることができれば、もっと幸せになることができます。

これはビジネスにおいては、「もっと働く」ということではなく、「もっと勉強する」ということを意味しています。

私たちも時には、目先の幸福を求めてビジネスの決断をすることがあります。

しかし、これは長い目で見ると、徐々に健康を害し、幸福感が減少していくことにつながっていきます。

やるべきことをするというのは、一時的に幸福感が減ることもあるかもしれません。しかし、時間が立つにつれて、幸福感はきっと増していきます。

私のかかりつけの心臓専門医であるラダ·ゴーバーラン医師は、何年もの間、私に瞑想することを勧め、医者と薬で治療できるのは偽りの健康で、本当の健康は内面的な精神にあるということを気づかせてくれました。

彼は、私が富のために自分の健康や幸福を犠牲にしているということを、(この鈍感な私に)理解させてくれたのです。

私は、よく遊び、よく働き、競争的でエネルギッシュなタイプのA型人間だったので、自分がすることは何でも好きでした。

毎日がチャレンジで、毎日がストレスのある日々でした。

そして、私は今、ストレスともうまく付き合っています。

ここでの問題は、私の心ではなく、私のエゴが私自身を突き動かしていたということです。そして、私もそれが好きでした。

ゴーバーラン医師が、ジムへ通うだけでなく、瞑想し、(金融の本だけでなく)精神面に関する本も読み、ヨガもするべきだということを私に「気づかせてくれる」まで、私自身、つまらない人間が成功者になろうとしているに過ぎませんでした。

毎日、無我夢中になって仕事にのめり込んでいたので、自分の将来の健康を害し、富や幸福を台無しにしていることに私は気が付いていませんでした。

つまらない人間が成功者になろうとして、私は一生懸命に働き、自らに課した目に見えない障壁にぶつかっていました。

しかし、私の夢のような生活、結婚生活、ビジネスは悪夢へと変わっていきました。

今では、ほぼ毎朝、10分ほどのヨガをして、30分間の瞑想、精神面に関する本を10分間読んでいます。そして、私の内に秘めた考えを、日記を通じて紙の上で明確にすることを習慣にしています。

この早朝の時間は私の1日の中で最も大事な時間です。

ここで、私がその1日どのように過ごすかということが決まり、私の将来の過ごし方も決まっていくのです。

富も大切

最初に一言、これを言わせてください。

「健康なくして富はあり得ない。富なくして健康はあり得ない。」

金持ち父さんは、「人生はお金より大切だ。しかし、人生をサポートするためにはお金が大切だ」と考えていました。

また、「時間は限られている。その間必死に働いたってたかが知れている。それなら、なぜお金のためにそんなにあくせく働くのだ?お金やほかの人を自分のために働かせる方法を学べば、自分はもっと大事な事ができる。」ともよく言っていました。

金持ち父さんにとって大切なことは以下の5つ。

  • 子供を育てる時間をたくさん持つこと。
  • 支援する慈善事業やプロジェクトに寄付するためのお金を持っていること。
  • 仕事と経済的な安定をコミュニティーにもたらすこと。
  • 健康を維持するためのお金と時間を持っていること。
  • 家族とともに世界中を旅行ができること。

「こういったことをするにはお金が必要だ。だから、お金は私にとって大切なんだ。お金は大事だ。しかし、そのために働いて一生を過ごしたくはない」と金持ち父さんは言っていました。

多くの人が、金持ち父さんが言ったことを、大事なことだと気付いています。

貧乏父さんも分かっていました。

しかし、貧乏父さんの問題は、お金に対する態度で、その態度が貧乏父さんを貧乏にしていました。彼は、貧乏であるが故に、大切なことをすべてやり遂げるだけの経済的な余裕がありませんでした。

「お金が全てではない」ということは真実です。

しかし、お金は私たちがやりたいことをするのに役立つものです。

そして、これこそが、今日起こっている危機的な状況において学ぶべきことなのです。

幸せをもたらすのはお金ではなく、お金を使ってできることが幸せをもたらしてくれるのです。

お金を稼ぐ前に、あなたがすべき重要なことは、あなたにとって何が一番大切なのかを決め、そして、それを達成するために、お金がどのようにサポートしてくれるのかを判断することです。

では、質問です。

あなたにとって大切なものは何ですか? 

それは単にお金や健康そのものではありません。

それは、お金があって、健康でいることで、あなたやあなたの家族を大切にできるということです。

お金は、私たちの人生の大切なことのすべてに影響します。

Robert Kiyosaki

ロバート・キヨサキ

メールマガジンカテゴリの最新記事